アンヴァル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンヴァル
外国語表記 AONBARR
登場作品 機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン
テンプレートを表示
スペック
分類 多用途輸送艦
全長 248m
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦地上軍
就役 宇宙世紀0096年
艦長 ダン・コルトン
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦地上軍の輸送艦。宇宙世紀0096年にサイド7で行われる一年戦争終戦式典の為に建造された。艦名は「ケルト神話」に登場した長腕のルーが乗る馬に由来する。

艦の外観はペガサス級を模しており、特にカラーリングは一年戦争で活躍したホワイトベースを意識している。

あくまで式典用の輸送艦として位置付けられている為、武装は施されておらず、艦体にも旧式艦船のパーツを多数流用している。ただし、航続性能に関しては新型艦と同等であり、ミノフスキークラフトによって重力下での運用にも対応している。

艦載機も式典用に調達・配備した機体が中心となる。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ミノフスキークラフト
ミノフスキー粒子の特性を利用し、重力下で艦を浮揚させるシステム。
『ラスト・サン』ではアンヴァルは終始宇宙で運用された為、使用される事は無かった。

搭乗員[編集]

ダン・コルトン
艦長。
ランディ・ホーキンス
副長。
ワレリー・シュトロゼック
整備長。
ジョリオン・デイ / ゾーイ・ヤンソン
MSパイロット。

艦載機[編集]

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ホワイトベース
ペガサス級2番艦。本艦はこの艦に似せられて造られている。

リンク[編集]