ガンダムGファーストDX

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダムGファーストDX
外国語表記 GUNDAM G-FIRST-DX
登場作品 機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン
デザイナー 石渡マコト(ニトロプラス)
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RIX-001[GA]
頭頂高 21.8m
本体重量 49.6t
全備重量 88.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,340kW
スラスター総推力 179,760kg
装甲材質

ガンダリウム合金

チタン合金セラミック複合材
センサー有効半径 29,700m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
母艦 アンヴァル
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムGファーストの背部に「バックウェポンモード」に変形したGFタンクがドッキングした状態。サイコフレームの外部装置化による実証試験機としての姿である。「DX」とは「Dual-X(trans)cend」のことであり「二重の超越」という意味を持つ。

ドッキングしたことにより総合性能が150%向上しており、ビーム・ディフューザーやビーム・ライフルの機能拡張等以前まで使用できなかった機能が使用可能となっている。コックピットには両機を繋ぐ連絡通路があるため往来が可能。サイコフレームはユニコーンガンダム系列機のようにニュータイプを感知することで機能し始め、額のスリットからその光が漏れ出す。また、ツインアイの色が緑から黄色に変化する。サイコフレーム起動時には出力がさらに上昇しており、200%を超える想定外の事態となっているが、機体に装備されている6基のビーム・サーベルの放射口を利用することで余剰エネルギーを放出し出力を安定させている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サイコフレーム
GFタンク側に搭載されている。
分離
GFタンクと分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
ビーム・ラッシュ・ライフル
GファーストのライフルにGFタンクのエクス・カートリッジを2基連結させた武装。収束射撃と拡散射撃が可能。この状態ではEパック方式ではなく機体から直接供給するE-CAP方式で稼動する。
ロング・ビーム・ジャベリン
銃口部分からはビームを発振することが可能。ジャベリンとあるが投げてしまうと主武装を失うことになり兼ねないので、大推力を活かした突進攻撃が主となる。
ビーム・サーベル
肩・腰・膝アーマー内に計6基装備されている。そのまま全てのビーム・サーベルを発振することも可能。
ウイング・シールド
両腕に装備されているシールド。飛行翼として機能するわけではないが、ΖΖガンダムの装備名からそのまま取られた。
マイクロ・ミサイル
シールド裏に装備されている。
ビーム・ディフューザー
シールド両側面に内蔵されている拡散ビーム砲。この状態でないと出力不足で使用不可能。
エクス・キャノン
バックパックに2門装備されているビーム砲。
ミサイル・コンテナ
両腰部に2基装備されている。
ビーム・マシンガン
ミサイル・コンテナに内蔵されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムGファーストGFタンク
分離状態。
キャノンガンDX
こちらはキャノンガンとGFタンクがドッキングした状態。
G-ドアーズ
目的は異なるが本機以前にサイコフレームを外付けしていた機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]