2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ザクI・スナイパータイプ (カークス機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MS-05L ザクI・スナイパータイプ(カークス機) (Zaku I Sniper Type[Yonem Kirks])[編集]

ジオン公国軍が開発した量産型モビルスーツザクI・スナイパータイプヨンム・カークス搭乗機である。
基本性能は通常のスナイパータイプと変わりないが、頭部にブレードアンテナを増設して通信機能を強化している。右肩部には装甲が追加され、左肩部にも破壊されたマゼラ・ベースの履帯等を再利用して耐弾性を一時的に強化できるよう、空間装甲の懸架用フックが多数存在している。

OVA版では更に改良されており、ビーム・スナイパー・ライフルの構造に手が加えられて連射回数が増やされている。またファット・アンクル改との連携によって上空からの狙撃や部隊指揮を行う為に胸部と背部には2つずつフックが追加され、ベルトで固定する事でどんな姿勢でも安定して射撃できるようになった。ランドセルのサブ・ジェネレーターの冷却問題も外部冷却装置との併用で改善されている。右肩部はザクIと同じデザインに戻された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC
パイロットはヨンム・カークス
トリントン基地を襲撃して守備隊を撃破し、ラー・カイラムも損傷させている。その後はコロニーの残骸から狙撃を行っていたが、最後はプルトゥエルブバンシィによって破壊された。
機動戦士ガンダムUC(OVA版)
パイロットはカークス。
こちらでもトリントン基地を襲撃して守備隊の戦力を次々と破壊していったが、トライスタージェスタの攻撃によってファット・アンクル改を破壊され、自爆攻撃を試みるも失敗して撃破されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵されており、主に対空・対戦車・対人用の迎撃武器として使用する。対MS戦闘でも牽制や敵機のカメラやセンサーの破壊等に使われ、生還率の向上に一役買っているとされる。
ザク・マシンガン
携行式の実弾銃で、口径は105mm。後にザクIIに装備される物の初期型であり、ドラムマガジンが側面に取り付けられている。一年戦争の初期に多数が使用された。
本機では基本的に自衛用として装備され、建造物の破壊任務や対MS戦闘等にも対応できるようにしていたようだが、期待された程の効果は得られなかったという。
ヒート・ホーク
刀身を赤熱化する事で敵機の装甲を焼き切る斧状の武器。コロニーや建造物の切断や対MS戦闘にも有効。本機の格闘性能は高くないがザク・マシンガンや頭部バルカン同様自衛用で、この場合は敵が至近距離という最悪の状況を考え装備されている。
ビーム・スナイパー・ライフル
本機の主兵装となる長銃身の狙撃用ビーム・ライフル。一年戦争の末期に登場したジオン軍製の大型ビーム・ライフルと同系統のラインで造られており、高出力かつ長射程を誇る。モノアイの超望遠レンズと連動させる事で命中精度を向上させられ、モビルアーマーだけが可能だった大火力攻撃を実現できるようになった。
OVA版では連続での狙撃を可能とする為に構造が改良され、バレルが交換できるようになっている。予備のバレルはランドセルの左側面に取り付けられた2つのバレルケースに1本ずつ格納されている。
自爆
腹部にビーム・スナイパー・ライフルを突き刺し、その状態でビームを発射してジェネレーターを撃ち抜いて敵もろとも自爆する。
OVA版でトライスターを道連れにしようとしたが、察知されて両腕部を斬り落とされた為に失敗した。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクI・スナイパータイプ
一般機。
ザクI
ベース機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]