ジェガンD型 (先行配備機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

RGM-89D ジェガンD型 (先行配備機)(Jegan[D Type])[編集]

概要[編集]

ジェガンD型の先行配備機。機体カラーがジムカラーである赤と白のツートンカラーとなっている。性能に違いはないが、パイロットからは機体カラーが目立つという理由で不評だった。

登場作品と操縦者[編集]

UC-MSV
ゲームに登場した機体のため含まれている。
機動戦士ガンダムUC(ゲーム版)
2隻のクラップ級に配備されていたが、シナンジュ・スタインによって全滅している。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン・ポッド・システム
頭部左側に1基装備。ガンダムMk-IIの物を小型化しており、着脱は不可。マガジンの交換は頭部右側から行う。
ビーム・ライフル
本機の主兵装。短銃身型のために射程は短めだが取り回しがよく、速射性も高い。混戦時には搭載されているセンサーを併用する事で確実に敵機に命中させられるようになっている。
ハンド・グレネード
左腰に3発装備している接近戦用の武装。信管は使用する際に時限式とセンサー式を選択できる。
ビーム・サーベル
右腰に1基マウントしている。2種類のビーム刃を形成可能で、ラックにはエネルギーの急速充填が可能なキャバシターシステムを搭載している。
シールド
防御用の実体盾。攻撃を弾いたり逸らしたりするための構造や材質を採用している。
ミサイル・ランチャー
2連装の物をシールドに2基装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジェガンD型
正式に配備された機体。
ジェガン
初期型

商品情報[編集]

リンク[編集]