ダンテ・モグロ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダンテ・モグロ[編集]

概要[編集]

CGS鉄華団に所属するヒューマンデブリの少年で、赤毛のオールバックが特徴。お調子者な三枚目。
火星出立後はイサリビのブリッジクルーを務めるほか、ハッキングなどの電子戦に関する知識を持つため敵艦への突入部隊に参加することもある。オルガ・イツカクーデリア・藍那・バーンスタインらの地球降下時にはユージン・セブンスタークチャド・チャダーンとともにイサリビとブルワーズ戦艦での陽動を担当。さらにエドモントンにモビルワーカーで救援に駆け付け、鉄華団の勝利に貢献した。
元々はモビルスーツパイロットを志望しており、エドモントン後には獅電の配備に伴ってノルバ・シノ率いる鉄華団実働一番隊「流星隊」所属のMSパイロットとなる。電子戦の才能も健在で、夜明けの地平線団との戦闘では撃墜した敵機のコクピットから敵側のネットワークにアクセスし、出撃してきたサンドバル・ロイターの情報を掴んでいる。
地球支部撤収後は数少ない阿頼耶識システムの施術を受けたパイロットということもあり、地球から引き揚げたランドマン・ロディに機種転換。チャドとコンビを組んでハシュマル、JPTトラスト、アリアンロッドとの戦闘に参加。最終決戦でも乗機の両腕を破壊されながら生還し、他の団員とともに戸籍を改ざんして生存した。マクギリス・ファリド事件後は、一番隊以来の同僚であるデルマ・アルトランドとともにアドモス商会が経営する孤児院で働く。
全編を通して同じ元ヒューマンデブリであるチャドと仲が良く、イサリビのクルーやランドマン・ロディのパイロットとしてコンビを組むことが多い。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
当初は他のメンバーと同様参番組に属するヒューマンデブリだったが、オルガのクーデターによって備品ではなく一人の人間として迎えられる。その後は地球到達までイサリビのブリッジクルーを務めたほか、タービンズとの戦闘ではオルガ達とともにハンマーヘッドに乗り込んで艦をハッキングし鉄華団の実力を見せつけた。一方でMSへの憧れも持っており、ドルト3周辺での戦闘では三日月にガンダム・バルバトスを届けに行こうとして阿頼耶識システムを繋ぎ、その情報量に耐えられず失神している。クーデリアの地球降下の際はユージンの指揮のもと陽動によって見事に地球外縁軌道統制統合艦隊の注意と戦力を削ぐことに成功し、SAUの宇宙港にイサリビを退避させたうえでユージン達やアストン・アルトランド達元ブルワーズのヒューマンデブリとともにモビルワーカーでエドモントンに駆け付けた。
エドモントン戦後はテイワズから獅電を大量購入したことでMSパイロットに転科。デルマとともにノルバ・シノ率いる鉄華団実働一番隊所属となるが、「流星隊」という通称や一人でガンガン突っ込んでいくシノの戦い方に困惑している。地球支部の撤退後はデルマとともに地球から引き揚げたランドマン・ロディのパイロットを志願し、チャドとコンビを組んで戦闘に参加する。最終決戦では他のMS隊とともにアリアンロッドの猛攻に立ち向かっていたが、脱出トンネルの完成と乗機の中破を受けてユージン達と撤退。チャド達と合流し、地球へ向かう。エピローグではアドモス商会が経営する孤児院でデルマとともに働いており、一瞬しか登場しないものの、増え続ける行き場のない孤児に忙殺されながら平和な人生を送っている様子。

人間関係[編集]

鉄華団[編集]

オルガ・イツカ
自身の所属する鉄華団の代表、戦友。
チャド・チャダーン
戦友。イサリビクルーやMSパイロットとしてコンビを組むことが多く、多くの仲間を喪いながらも最終決戦後に無事に脱出してきた彼と腕を合わせている。
ユージン・セブンスターク
戦友。彼がオルガに代わって指揮官を務める際には隣にいることが多い。
ノルバ・シノ
CGS以来の戦友。一番隊隊長となった彼を隊員としてサポートすることになる。
デルマ・アルトランド
エドモントン戦への加勢以後、パイロットとして共に戦い抜いた同僚。鉄華団消滅後も孤児院で共に働いている。

火星[編集]

クーデリア・藍那・バーンスタイン
鉄華団と付き合いの長い火星独立運動家。エピローグでは火星の代表となった彼女の補佐を務める。

テイワズ[編集]

アジー・グルミン
地球への脱出の際、タービンズを継いだ彼女の支援を受ける。

アーブラウ[編集]

蒔苗東護ノ介
アーブラウ代表。恩がある彼の手によって戸籍を改ざんしてもらう。

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

ユニオンモビルワーカー
CGSモビルワーカー (陸戦型)
CGSモビルワーカー (宇宙型)
獅電
ランドマン・ロディ
搭乗機。
イサリビ
ホタルビ
搭乗艦。イサリビではブリッジクルーを務める。