ドムトルーパー

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ドムトルーパー
外国語表記 Dom Trooper
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 ZGMF-XX09T
全高 17.48m
本体重量 79.44t
主動力 バッテリー[1]
原型機 ドムトルーパー (オリジナル仕様)
開発組織 クライン派
開発拠点 ファクトリー
所属 クライン派
主なパイロット
テンプレートを表示

概要 [編集]

元々はザフト軍ザクウォーリアグフイグナイテッドと同様、次期主力機の候補として設計していたモビルスーツ。しかし、搭載予定だったミラージュコロイドがユニウス条約に引っかかり、他にもホバリングによる推進システムがパイロットに不評であった事から、候補から外されてしまった。その後、機体データがクライン派に協力する組織「ターミナル」の工作員によって盗み出され、「ファクトリー」にて独自改修を施して完成させた。

前述の脚部に搭載されたホバリング推進システムにより、地上では高い機動性を誇る。また、背部にはウィザードシステムが搭載され、ザクのウィザードを装備可能。ただし、クライン派はウィザードの調達が出来なかったため、「イージーウィザード」と呼ばれる簡易型ウィザードを装備させている。全部で3機が完成した。

機体名のドム(DOM)は「Dauntless Obliterator Magnificent(壮大なる不屈の抹殺者)」の略であるが、これはクライン派が命名したのではなく、元々の設計者によるもの。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
主なパイロットは、ヒルダ・ハーケンマーズ・シメオンヘルベルト・フォン・ラインハルトオーブ防衛戦で初めて実戦投入され、オーブ軍に協力している。さらにメサイア攻防戦でも多数のザクやグフを撃墜し、ルナマリア・ホークフォースインパルスガンダムを追い詰めるなどの活躍を見せている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

G14X31Z スクリーミングニンバス
胸部左側に内蔵された装備で、ミラージュコロイドを応用したもの。自機の周囲にフィールドを発生させて敵機からの攻撃を防ぐ他、このフィールドに触れた敵機にダメージを与える事が出来る。
換装
ウィザードシステムを換装する。

武装・必殺攻撃[編集]

MMI-GAU25A 20mmCIWS
両肩に1門ずつ内蔵された近接防御火器。インパルスガンダムセイバーガンダムの物と同じ。
JP536X ギガランチャーDR1マルチプレックス
ビーム砲とバズーカの複合兵装。本機の主兵装で、未使用時は腰部にマウントする。
MA-X848HD 強化型ビームサーベル
イージーウィザードに装備されている格闘兵装。セカンドステージシリーズの装備している物より旧型だが、改良によって同等以上の性能を持たされている。
MX2351 ソリドゥス・フルゴール ビームシールド発生装置
ストライクフリーダムガンダムの技術を流用して装備した光学防御兵装。性能は同じだが、本機はバッテリー駆動なので、頻繁に使用するとエネルギー切れを起こしてしまう。
オリジナルのドムトルーパーでは装備されていなかったが、クライン派で運用されるにあたり追加された装備。

連携攻撃 [編集]

ジェットストリームアタック
ヒルダ達が得意とする三位一体の連携攻撃。黒い三連星が使った同名の技が元ネタ。攻撃の流れはまず、ヒルダ機を先頭にヘルベルト機とマーズ機が追従。ヒルダ機がスクリーミングニンバスを展開し敵機へ突撃、3機による波状攻撃を食らわせる。元ネタでは踏み台にされ技を破られてしまったものの、こちらはスクリーミングニンバスを展開している事により敵機の進入を防ぐだけでなく攻撃も同時に行えるため、元ネタの欠点を克服する事に成功。『SEED DESTINY』劇中で技が破られる事は一度も無かった。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ドムトルーパー (オリジナル仕様)
原型機。
ストライクフリーダムガンダムインフィニットジャスティスガンダム
同じくファクトリーで完成させた機体。ビームシールドの技術が流用されている。
ドム
本機のオマージュ元。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 一部ニュートロンジャマーキャンセラーを搭載した核エンジンと紹介した媒体も存在する。