サイコ・ザク

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
サイコ・ザク
外国語表記 PSYCHO ZAKU
登場作品 機動戦士ガンダム サンダーボルト
デザイナー
  • 太田垣康男(漫画版)
  • 中谷誠一(OVA版)
テンプレートを表示
スペック
正式名称 リユース・P・デバイス装備高機動型ザク
分類 宇宙用試作型モビルスーツ
型式番号 MS-06R
主動力 熱核融合炉
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
所属組織 ジオン公国軍
所属部隊 リビング・デッド師団
主なパイロット ダリル・ローレンツ
テンプレートを表示

概要[編集]

高機動型ザクIIにリユース・サイコ・デバイスを搭載した実験機。デザイン上は高機動型ザクII (R-2型)をベースとしており、赤を基調とした色に塗装されている。正式名称は「リユース・P・デバイス装備高機動型ザク」だが名称が長いためバロウズによって「サイコ・ザク」と呼称されることとなった。

暗礁中域での運用を想定しているため関節部にシーリング処理が行われており、動力パイプにも同様に行われている。背部には大型ランドセルが追加されており、多数の武装やマガジンが搭載されている。武装は2基のサブアームにより保持や交換、使用を可能としている。また、2基のロケットブースターと1基の大型ロケットブースターが装備されているためさらに高い機動性を獲得している。他にも機体各所にサブスラスターが追加されている。大型ランドセルを装備する関係上、本体のランドセルはザクIIF型等と同形状の物に変更されている。リユース・P・デバイスにより義肢を通じてパイロットの思考を直接的に動作させることが可能になったが、性能をフルに使用するには四肢全てを義肢化しなければならない。だが、その恩恵は凄まじく、操縦の難しい高機動型ザクIIを自在に制御可能となり、訓練期間の大幅な短縮にもなっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム サンダーボルト
リビング・デッド師団に配備されたダリル・ローレンツ専用のモビルスーツ

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

リユース・P(サイコ)・デバイス
パイロットの神経の電気信号を直接機体に伝えるシステム。これにより人機一体になることが可能になるが、その為には四肢全てを義肢化しなければならない。動作を考えるだけで機体が動くので訓練が浅い者でも十分に戦果が取れるようになる。なお、名称にサイコという文字があるがサイコミュシステムとは関係がない。
サブアーム
大型ランドセルに2基装備されている簡易マニピュレーター。リユース・P・デバイスにより保持や交換だけでなく、使用も可能としている。

武装・必殺攻撃[編集]

ジャイアント・バズ
大口径のバズーカ。主にリック・ドムが装備しているもの。
ビーム・バズーカ
取り回しと連射性は低いが威力が高く戦艦を一撃で轟沈できるビーム砲。リック・ドムが試験運用していた物に似ているが形状が異なる。OVA版で追加された。
ザク・バズーカ
対艦用のバズーカ。マガジン式に改良されている。大型ランドセルに最大3基装備可能。
ザク・マシンガン
ドラムマガジン式の口径120mmマシンガン。大型ランドセルに2挺装備可能。
シュツルム・ファウスト
命中率は悪いが威力の高いロケットランチャー。大型ランドセルに3基装備されている。
ヒート・ホーク
手斧型の格闘戦闘用兵器。刃の部分を高熱化することで対象を溶断する。

対決・名場面[編集]

フルアーマーガンダム

関連機体[編集]

高機動型ザクII
原型機。型は明言されていないが、脚部スラスターの形状をはじめとしてR-2型の特徴が見られる他、OVA版ではビーム兵器の使用を可能としているためR-2型がベースと思われる。
サイコ・ザクMk-II
リユース・サイコ・デバイスをザクIIJ型に搭載した機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]