RFグフ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
RFグフ
外国語表記 Refine Gouf
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 陸戦用量産型モビルスーツ
型式番号 OMS-07RF
全高 18.7m(異説18.4m)
本体重量 26.3t
全備重量 48.2t(異説65.2t)
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,750kW
スラスター総推力 64,800kg
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
センサー有効半径 18,300m
開発組織 オールズモビル
ブッホ・コンツェルン(スポンサー)
所属 オールズモビル
主なパイロット オールズモビル一般兵
テンプレートを表示

概要[編集]

オールズモビルが開発した陸戦用モビルスーツ。地上での運用がメインだが、宇宙でも運用することが可能。

多数の補助バーニアが装着されており機動性の向上に一役買っており、RFザクから格闘性能が向上した。さらにRFザクとパーツの共有率が高めたため整備性も非常に優れている。

装備や武装配置はグフを踏襲しているが、大半がビーム兵器になっている。

火星で運用された初期型、第二次オールズモビル戦役時に運用された最新型の2タイプが存在しており、設定画の機体は後期型である。

登場作品と搭乗者[編集]

機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122
初登場作品。地上ステージでプレイヤーと相対する。
機動戦士ガンダムF90FF
プロローグの『F90』パートで他のRFシリーズとともに登場。本作において、火星で運用された機体(『F90』に登場したグフ)が初期型で、フォーミュラー戦記に登場した機体が最新型であるという設定が新たに追加された。

武装・必殺攻撃[編集]

武装・機能[編集]

頭部バルカン砲
頭部に4門装備。口径数は不明。
五連装フィンガーバルカン
左手に1基装備。
ヒート・ロッド(ビーム・ロッド)
右腕に装備された電磁兵器。先端からビームを発生することが可能。
ビーム・ソード
本機専用の白兵戦用装備。形状をグフのヒート・サーベルに寄せている。
ビームランチャー(ビームバズーカ)
本機の主兵装である、オールズモビルで普及しているビームランチャー。腰裏のラッチに懸架可能。

余談[編集]

  • 『フォーミュラー戦記』では専用の回避モーションが用意されており、他の機体が飛んでくるビームを飛び回って避けるのに対し、こちらはその場で立ち構えながらビームをやり過ごす。その際の地形を見る限り、木々や砂丘などの遮蔽物を利用して回避しているようだ。「見た目は派手だが…」と言いたげである。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

グフ
リファイン元。初期型は外装をこちらに寄せている。
RFザク
各種ユニットなどに互換性がある。恐らくRFザクをベースに本機が開発されたと思われる。

商品情報[編集]

リンク[編集]