アナハイム・ラボラトリー・ログ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アナハイム・ラボラトリー・ログ
外国語表記 ANAHEIM LABORATORY LOG
原作 矢立肇
富野由悠季
挿絵 折原冬真
ストーリー構成 石井誠
高村泰稔
メカニックデザイン 瀧川虚至
夏元雅人
岡正信
企画 サンライズ
配信元 矢立文庫
話数 全4回
テンプレートを表示

概要[編集]

矢立文庫で連載されていたメカニックデザイン企画。矢立文庫の作品としては、機動戦士ガンダム Twilight AXISに次ぐ2番目の作品となる。全4話。

第1話の前編は2016年11月19日に公開。1話につき前編と後編に分かれており、1ヶ月ごとに半分のペースで掲載されていた。

ストーリー[編集]

宇宙世紀0100年、宇宙世紀が1世紀を迎える年にアナハイム・エレクトロニクス社(AE社)のラボラトリーで、今まで公にされていなかった機体の試験報告や試験運用時のレポートが複数発見される。それは実験に関わった技術者、試験運用や実戦運用に関わった軍人、運用実験に帯同したジャーナリストたちによって記録されたものだった。

これまで様々な兵器を開発してきた一方で、諸般の事情で公に出来なかったAE社の裏の記録は「アナログ」という略称で呼ばれ、モビルスーツのミッシングリンクを繋ぐ鍵として日の目を見ることになる。

登場メカ[編集]

第1話[編集]

第2話[編集]

第3話[編集]

第4話[編集]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 備考
第1話 消えた赤い彗星①~②
第2話 アクシズからの帰還①~②
第3話 MS新時代に向けた飛翔①~②
第4巻 メガライダー最終試験①~②

資料リンク [編集]

リンク[編集]