ドラッツェ改(重装備型)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラッツェ改(重装備型)
外国語表記 DRA-C CUSTOM
登場作品 アナハイム・ラボラトリー・ログ
デザイナー 夏元雅人
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-21D1
全長 31.6m
全備重量 65.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 596kW
スラスター総推力 159,600kg
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 10,900m
開発組織 デラーズ・フリート
所属部隊 アクシズ
主なパイロット アクシズ兵士
テンプレートを表示

概要[編集]

アクシズに渡ったドラッツェ改に追加武装を施し、火力を向上させた機体。

原型機から重武装化した結果、重量が増したため機動性は低下したが、火力面では充分過ぎる程の強化が施されている。

主に支援機・護衛機として運用されているが、ベースのドラッツェ改から何機がこの仕様に改修されたかは不明。

登場作品と搭乗者[編集]

アナハイム・ラボラトリー・ログ
第1話『消えた赤い機体』に登場。
リゲルグガザCと共に地球圏の偵察任務に就いていたが、茨の園で偶然遭遇したエゥーゴのMS部隊と交戦した。
部隊ではリゲルグの護衛役として位置付けられており、2機が行動を共にしている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

大型ガトリング砲
右手に装備された手持ち式のガトリング砲。
シールド
左腕部に装備した実体盾。表面をシュツルム・ファウストのウェポンラックにしているため、防御装備としての機能は失われている。
シュツルム・ファウスト
シールド表面に2基装着されている使い捨てのロケット・ランチャー。リック・ドムIIケンプファーが装備している物と同系の装備。
ビーム・サーベル
シールド裏に固定されている近接白兵武装。原型機と同じ仕様。
3連装ミサイルポッド
両脚部スラスターポッド外側に左右二対四基装備されたミサイル発射機。ザクIIF2型(もしくはザクIIJ型)の装備品を流用した物。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ドラッツェ改
ベース機。

余談[編集]

  • 本機の大型ガトリング砲はガンダムビルドファイターズトライに登場した「HGBC ジャイアントガトリング」のデザインを流用した物。元のデザインはMSの身の丈程あるサイズだったが、こちらは大幅に小型化している。

リンク[編集]

商品情報[編集]

脚注[編集]