ガズアル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガズアル
外国語表記 Gaz-R
登場作品 機動戦士ガンダムΖΖ
デザイナー あさのまさひこ (原案)
明貴美加 (クリンナップ)
テンプレートを表示
スペック
分類 親衛隊専用モビルスーツ
型式番号 AMX-117R
頭頂高 19.0m
全高 20.7m
本体重量 40.5t
全備重量 70.8t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,130kW
スラスター総推力 76,400kg
姿勢制御バーニア数 10基
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 10,300m
開発組織 ネオ・ジオン
所属組織 ネオ・ジオン
所属部隊 ロイヤル・ガード
主なパイロット ニー・ギーレン
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍の親衛隊「ロイヤル・ガード」に配備されているモビルスーツジオン公国軍ガルバルディαB型をベースに改修した機体である。同型機であるガズエルとの連携を前提とした機体で、本機の機体カラーは青とシルバーとなっている。

護衛を目的とした機体であり、基本性能及び装甲材質が強化されており、コックピットはリニアシート全天周囲モニターが採用されている。右肩アーマーと右腕部に増加装甲が施されており、機体各部にエングレービングが施されている。右肩部のショルダーアーマーは元々装飾のために追加されたが、後に内部スペースに追加武装を装備可能となっている。武装は近接戦に特化した物であり、ヒート・ランスやビーム・サーベルを装備しているが、ビーム・ライフルやビーム・キャノンも使用可能となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ
第42話で初登場。ゲーマルクの護衛及び監視を担当し、途中、片割れのガズエルを失いながらも、第47話で量産型キュベレイ部隊のファンネルの斉射からゲーマルクを庇って撃墜されるまで任務を継続した。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

大型ビーム・サーベル
背部に2基装備されている高出力ビーム・サーベル。連結することでツインランサーとしても使用可能。出力1.0MW。
ビーム・キャノン
バックパックに装備された状態ではビーム砲として機能する。出力3.8MW。
ビーム・サーベル
右前腕部装甲内に2基収納されている近接武装。出力0.4MW。
ビーム・ライフル
ゲルググの物を改良したエネルギーCAP式ビーム・ライフル。右側に照準器が追加されている以外形状は変わらないが、威力は向上している。
ヒート・ランス
本機専用の実体槍。先端を赤熱化し、装甲を貫徹する。旧式の武装だが威力は高い。

その他 [編集]

ミサイル・ランチャー / 機雷投下器
ショルダー・アーマーのデッドスペースに追加武装としての搭載が検討されていた武装。ガンプラ旧キット「1/144 ガズR/L」インスト掲載の画稿が初出。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガルバルディαB型
ベース機。
ガルバルディβ
連邦軍におけるB型の改修機。
ガズエル
同型機。
ガズアル・グラウ
現地改修機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]