ガズアル・グラウ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガズアル・グラウ
外国語表記 Gaz-R Grau
登場作品 機動戦士ムーンガンダム
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 AMX-117RG
全高 19.0m
全備重量 80.8t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,130kW
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 ネオ・ジオン
所属組織 ネオ・ジオン残党
母艦 アタラント3
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が開発したモビルスーツ第一次ネオ・ジオン抗争時に開発されたガズアルの改修機。機体名称の「グラウ」はドイツ語で「灰色」を意味している。

本機は元々親衛隊専用の機体であったがパイロットが戦死したため余ってしまっていた。その後、様々な経緯を経てアタラント3に配備されることとなった。親衛隊機の特徴であったエングレービングは撤去され、機体カラーもグレーに変更されている。右肩に装備されていたウェポンラック兼増加装甲は取り外されており、ミサイルポッドが装備されている。武装も一部改良されており、配備された後も現地改修が進められている。原型機と同様にガズエル・グラウとの連携を想定している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ムーンガンダム
パイロットはアンガルス・ゴロン。また、一時はアゴス・ラガートが搭乗したこともある。
アルス・ジャジャや姉妹機のガズエル・グラウと共にアタラント3側の貴重な戦力として運用された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
ゲルググのライフルを改良した武装。
ビーム・サーベル
右腕部に2基収納されている。
大型ビーム・サーベル
バックパックに2基装備されている。ビーム・キャノンとしての機能は廃されたが、連結機能は残っておりビーム・ナギナタとして使用できる。
ヒート・ランス
ランス型の実体槍。先端部を赤熱化することで装甲を貫く武装。
6連装特殊ミサイルポッド
右肩に装備されている武装。ミサイルはIC制御で時間差稼動する弾頭が採用されている。ミサイルポッド側面には索敵用のモノアイが存在する。
シールド
右腕部に装備されている実体盾。スライド式で約半分のサイズになる。
ミサイル
シールド裏に2発装備されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガズアル
原型機。
ガズエル・グラウ
同型機。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]