2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムベルフェゴール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムベルフェゴール
外国語表記 Gundam Belphagor
登場作品
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類NT用NT専用モビルスーツ
型式番号 GB-9700
頭頂高 20.0m
本体重量 10.5t
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
開発組織 旧地球連邦軍
所属 旧地球連邦軍 ⇒ フリー
主なパイロット カイ
シアン・リンデン
テンプレートを表示

概要[編集]

ゲーム『SDガンダム GGENERETION』シリーズに登場するゲームオリジナル機体。

第7次宇宙戦争末期に開発された対ニュータイプ用のニュータイプ専用モビルスーツ。本機も同時期のガンダムと同じくフラッシュシステムが搭載されているが、ビットモビルスーツの制御ではなく機体制御に用いられているため従来既存のモビルスーツを遥かに凌駕する性能を誇る。反面、パイロットの安全性は考慮されておらず肉体的、精神的ダメージを負うことになる。これは敵ニュータイプだけでなく、本機に搭乗するパイロットであるニュータイプも殲滅対象であるが故の仕様である。そのため、パイロットは使い捨ても同然の扱いとなる。武装もフラッシュシステムによって制御されるため大量に装備しており、あらゆる局面で凄まじい戦闘能力を発揮する。なお本機は一応ヴァサーゴやアシュタロンの原型機とされているが胴体中核部分はガンダムXを模している部分が有り、これによってパイロットに「自分はガンダムXに乗っている」という記憶錯誤を引き起こす効果が有る。

登場作品と操縦者[編集]

SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『F』で初登場。
機動新世紀ガンダムX ~UNDER THE MOONLIGHT~
ライバルであるカイの搭乗機として登場。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フラッシュシステム
ガンダムタイプのMSに搭載された、ニュータイプのみが起動できるシステム。宇宙世紀シリーズで言うところのサイコミュシステムのような物。本機では機体制御に用いられるため、非ニュータイプでは本機の性能を引き出すことはできない。

武装[編集]

大出力ビームサーベル
ガンダムXを模したサイドスカート部に収納されている。
ヒートワイヤー
手部に内蔵されている対ビット用装備。後にブリトヴァが似たような武装を装備している。
ストライククロー
肩アーマー上部に折り畳まれてる延伸用腕部を展開することで変形する鉤爪状のクロー。クローの掌部分には大型ビームサーベル、上部にはビーム砲が装備されている。
アトミックシザース
両脛部に折り畳まれている延伸腕武装。ソニック・スマッシュ砲の発射時には地面に打ち込んでジャッキとする。また、先端のシザース部はヒート化する。
ソニックスマッシュ砲
胴体に計3門(腹部1門、胸部左右1対2門)内蔵されている大型メガ粒子砲。反動が強いため地上では上記のように固定する必要がある。
バスターソード
『UNDER THE MOONLIGHT』でのみ装備している大型の実体剣。一緒に行動していたセプテムの形見として使用している。

必殺攻撃[編集]

リミッター解除
Gジェネシリーズにおける必殺技。リミッターの解除と共に胸部パーツとカメラアイが赤く発光し、ゲーム画面中央に赤文字で「敵ノ殲滅ヲ最優先トスル」の表示が出現。クローを展開し、敵に容赦ない連撃を食らわせる。その際の攻撃の流れはシリーズによって若干の差異があるが、基本的に「クローで攻撃した後、ソニック・スマッシュ砲でトドメを刺す」流れとなっている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムヴァサーゴガンダムアシュタロン
「本機をベースに政府再建委員会が開発した機体」とゲーム内設定されている。

余談[編集]

  • 画稿の説明書きによれば、本機の顔はデビルマンのイメージ、との事。

商品情報[編集]

リンク[編集]