2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ジェガン重装型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェガン重装型
外国語表記 Jegan Heavy Armed Type
登場作品

CCA-MSV

機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン
デザイナー 福地仁
テンプレートを表示
スペック
分類 支援用試作型モビルスーツ
型式番号

RGM-90

RGC-90
主動力 熱核融合炉
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
主なパイロット レックス・ファビオ
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したジェガンの再設計機。名称は他にもジェガン重装甲やジェガン・キャノン、ジェガン重装改がある。ジェガンの再設計機であるが、本機の設計のベースとなった機体はジェダである。ちなみに型式番号は正式採用されたジェダと同じである。

支援用の機体として開発されておりムーバブルフレームはジェガンの物を流用しているが、ジェネレーターは高出力の物に換装されている。それに伴い両肩にビーム・キャノンが新たに装備され火力が向上している他、フロントアーマーが追加されているため防御力も高まっている。額には長距離射撃用のセンサーが備わっている。本機は陸戦での戦闘を主眼に置いているため脚部が重力下専用の物に換装されているが、宇宙戦にも対応は可能である。バックパックも専用のものに換装され推力が強化されているが、運動性は重視されていないためバックパック上部のバーニア・アームは短くなっている。カラーリングはジムカラーである赤と白のツートンカラーで、腰部のアーマーはグレーとなっている。

試作機が開発されそのデータから量産化が進められていたとされるが、実際に量産されたかは不明である。

登場作品と操縦者[編集]

CCA-MSV
出典元。
機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン
フレスベルク隊レックス・ファビオの機体が登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン・ポッド・システム
頭部左側に1基装備。ガンダムMk-IIの物を小型化しており、着脱は不可能な半固定式である。低威力だが敵機への牽制やカメラ、センサー、関節の破壊等に用いられる。
マガジンの交換は頭部右側から行う。なお弾体はカートリッジレス型であり、排莢する必要はない。
ビーム・キャノン
両肩側面に合計2門装備されている。上下に可動するため広い射角を持つ。
ミサイル・ポッド
両腰に装備されている。弾数は片側3発の合計6発搭載。使用後は分離可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジェガン
原型機。
ジェダ
設計のベースとなった機体。型式番号が本機と同じになっている。
キャノンガン
A2型をベースに開発された支援用の機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]