2016年1月30日(土)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ジェスタ・キャノン

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

RGM-96X ジェスタ・キャノン(Jesta Cannon)[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の量産型モビルスーツ
ジェスタの重装備仕様機であり、機体の各部に専用のオプションパーツである増加装甲や武装を装着している。増加装甲は本機に高い防御力を付加しているが、あくまで最小限度しか配置されていない。これは装着時の重量バランスに配慮した為である。また爆砕ボルトが仕込まれている為、損傷あるいは不要となった装備は即座に分離可能。
武装も強力な火器を多数揃えており、中距離支援機として運用できる上、総合的な攻撃性能も向上している事から前線でも問題なく運用できる。一方で武装が増えた事によって火器管制も複雑化しているようで、それに対応できるようにOSシステムもバージョンアップが行われ、システムがその時の戦況から最適な武装をオートで選択するようになっている。

ジェスタもかなりマッシブな体型の機体であったが、本機ではオプションパーツによってそれが更に強調される形となっている。

ちなみにキャノン以外にも専用のオプションがいくつか用意されており、多様な用途に対処可能となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC
パイロットはワッツ・ステップニーで、ジェスタがロンド・ベルラー・カイラムに配備された際に5機分のオプションパーツ(予備含む)が一緒に運び込まれている。
ナイジェル・ギャレットダリル・マッギネスのジェスタと共に袖付きガランシェールの追撃任務に就いていたが、その際にフル・フロンタルシナンジュアンジェロ・ザウパーローゼン・ズールと交戦している。
袖付きとネェル・アーガマの戦闘に遭遇した際にはローゼン・ズールらと戦うバナージ・リンクスユニコーンガンダムの援護に回ったが、最後はローゼン・ズールによって撃破されている。尚、OVA版では最終決戦の場には参加せずに地球に降下してたラー・カイラムと共にシャイアン基地の守備隊の制圧に出撃している為、撃破はされていない。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
ジェスタに換装可能。
腰部と背部の武装を換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン・ポッド・システム
頭部右側に1基装備。ジェガンの物との性能差は不明。
ビーム・ライフル
本機の主兵装。ジェガンの物とは別物だが、マガジンは共通化されている(予備マガジンは右腕にマウント)。銃身部には加速/偏向装置を備え、通常射撃と連射へのモード変更が可能。
本機の物は更に大型化しており、銃身の上側には射撃精度を高める為の照準装置が追加されている。
グレネード・ランチャー
ビーム・ライフルの銃身下部に追加された実弾兵器。
ハンド・グレネード
接近戦用の武装で、両腰に3基ずつ、両脚部に3基ずつの計12基を装備している。ジェガンと同じ物と思われる。
12基を一度に射出・爆発させた場合の威力は単体で爆発させた場合の比ではない。
ビーム・サーベル
左腕に1本マウントされていた武装。本機では左腕に増加装甲が取り付けられているのでマウントできず、両腰のハンド・グレネードとの選択式となっている。
稼働時間等に重点を置いている為に出力は下がっているが、長時間の使用が可能。
ビーム・キャノン
バックパックの右側に装着される単装ビーム砲。ジェネレーター直結式である為に高出力で、単装故に出力を低下させる事なく一定の連続発射が出来る。また、頭部の高性能センサーユニットと連動させれば中距離支援時に高い威力を発揮する。
4連マルチ・ランチャー
バックパックの左側に装着される4連装の実弾砲。多目的対MS弾発射装置なので攻撃は勿論、戦況に応じて閃光弾等の特殊砲弾も発射可能。4つある砲口から複数の砲弾を装填・発射も出来る。
シールド
防御用の実体盾で、ジェガンの物より小型化されている。バックパックの左側から伸びるアームで固定されており、フレキシブルに可動するので防御可能な範囲が広い。
本機ではビーム・キャノンや4連マルチ・ランチャーとの選択式である。
2連装ミサイル・ランチャー
シールドに2基内蔵。ジェガンと同じ物。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジェスタ
ジェガン
ユニコーンガンダム

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]