ゼロ・ジ・アール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゼロ・ジ・アール
外国語表記 Zero The R
登場作品 機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用試作型モビルアーマー
型式番号 AMA-00GR
主動力 熱核融合炉
開発組織 アクシズ
所属 アクシズ
主なパイロット シャア・アズナブル
テンプレートを表示

概要[編集]

アクシズの試作型モビルアーマー。元々は一年戦争時にジオン公国軍シャア・アズナブル専用機として開発を進めていた機体であるが、開発計画は頓挫してしまっていた。戦争終結後にアクシズにて開発が再開され完成した機体である。

拠点防衛用として開発された機体で、全身のメガ粒子砲により高い火力を持ち、Iフィールドによって防御面でも優れた機体となっている。Iフィールドを搭載しているため被弾による機体の損傷は考慮されておらず、プログラムによって自動操縦で行われる。そのためパイロットは武器管制をメインに行う。全ての操縦をパイロットのみで行うことも可能としているが負担は大きい。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

Iフィールド・ジェネレーター
両肩に搭載されているビームを無効化する装置。
サブアーム
両肩に折り畳まれている。マニピュレーターを備えているため対象を掴むことも可能。

武装・必殺攻撃[編集]

頭部メガ粒子砲
頭部に搭載された高出力のメガ粒子砲
可動式メガ粒子砲
両肩に2基、両腰部に2基、下半身部に1基の計5基装備しているメガ粒子砲。可動するため射角が広い。
メガ粒子砲
機体各所に計17門内蔵されているメガ粒子砲。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ノイエ・ジール / α・アジール
これらの機体にコンセプトが引き継がれた。

余談[編集]

DSソフト『SDガンダム GGENERATION DS』のセッション8bで、シャアがノイエ・ジールで出撃している。ステージ内容が「アクシズを襲撃してきた地球連邦軍ハマーンと共に迎撃する」というものであるため、恐らく本機を意識した機体選出と思われる。

リンク[編集]