ディジェSE-R

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディジェSE-R
外国語表記 Dijeh SE-R
登場作品
  • 機動戦士ガンダム MS大全集
  • Ζ-MSV
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
型式番号 SE・DJ-1R
頭頂高 18.6m
本体重量 28.6t
全備重量 58.3t
装甲材質 ガンダリウム合金(推定)
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ディジェをベースに開発されたとされる超高性能機。

雑誌『B-CLUB』の増刊ムックである『機動戦士ガンダムMS大全集 「機動戦士ガンダム」から「逆襲のシャア」まで』にて『Ζ-MSV』として収録された機体である。「SEシステム」の存在など、宇宙世紀を舞台とするパラレル作品『TYRANT SWORD of NEOFALIA』の登場兵器「ソード」との関連性を匂わせるものの、詳細は一切不明となっている。

新機軸の装備や革新的な技術が導入されており、外見的にも性能的にもディジェとはかなり異なるものになっている。ただし開発元や具体的な性能についてはほとんど何もわかっておらず、その実在は一部で疑問視されている(SDガンダム GGENERATION-Fの解説より)。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

Ζ-MSV
出典元。B-CLUBでZ-MSV連載中には本機は発表されておらず、増刊ムック『B-CLUB SPECIAL15 機動戦士ガンダム MS大全集』にて、Z-MSVの機体として収録された。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能 [編集 | ソースを編集]

SEシステム
初出の『機動戦士ガンダムMS大全集』では一切言及されておらず、ゲーム「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V」やガンダムコンバージ第18弾などの資料・媒体で搭載が示唆されている装備。
『TYRANT SWORD of NEOFALIA』に同名のシステムが登場しているが、本機の物は詳細不明。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

初出の『機動戦士ガンダムMS大全集』では一切設定されていない。以下はスパロボシリーズやGジェネシリーズ等のゲーム作品に登場した際の武装。

80mmバルカン砲
側頭部にある三角形状のディテールから実体弾を連射する。
ビームライフル
携行式のビーム砲。媒体によってガンダムMk-IIまたはディジェの物を使用しているが、Gジェネ初期シリーズにおいてはオリジナルデザインかつ両手持ちの大型ライフルとなっている。
拡散バズーカ
バズーカから散弾入りの弾頭を発射する。バズーカ自体は媒体によってガンダムMk-IIのハイパー・バズーカまたはクレイ・バズーカを使用している。
クレイ・バズーカ
エゥーゴの汎用バズーカ。こちらは通常弾頭を発射する。
ビームサーベル / ビームナギナタ
ビーム兵器の格闘兵装。媒体によってビームサーベルまたはビームナギナタを使用している。
ハイメガ粒子砲
高出力のビームを発射する。スパロボ初期シリーズにのみ実装。
多弾頭ミサイル
多弾頭式のミサイルまたは小型ミサイル自体を発射する。スパロボ初期シリーズにのみ実装。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

ディジェ
原型機とされる機体。媒体によっては原型機であると明言されている場合がある。
タイラント・ソード
この機体に搭載されているSEジェネレータと、本機の背部ユニットの形状が酷似している。またタイラントには革新的な推進システム「SEドライブ」が搭載されていて、本機の説明箇所の「革新的機能が搭載されている」と繋がりを感じさせる。
ディジェ・ソード
TYRANT SWORD of NEOFALIA』に名前のみ存在する機体。名前だけ見るとディジェ及び本機となんらかの関連性がありそうに見えるが、ディジェ・ソード自体ほとんど設定がないため、本機との関連性も不明。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 過去のガチャシールではSEシステム搭載のソード機である事が、食玩『FW GUNDAM CONVERGE 18』の箱に記載された説明文ではSEシステムが搭載されている事がそれぞれで明言されている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガレージキット [編集 | ソースを編集]

フィギュア [編集 | ソースを編集]

書籍 [編集 | ソースを編集]

資料リンク[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]