ネティクス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネティクス
外国語表記 NTX
登場作品
デザイナー 佐山喜則
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-78NT-X (MRX-003)
原型機 フルアーマー・アレックス(カタナ)
開発組織 地球連邦軍
開発拠点 オーガスタ研究所
所属 オーガスタ研究所ムラサメ研究所
テンプレートを表示

概要[編集]

ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場するゲームオリジナル機体。

地球連邦軍が開発したニュータイプ専用試作型モビルスーツで、ガンダムNT-1を発展させる形で開発されたという設定を持つ。当初はオーガスタ研究所で開発されていたが、後にムラサメ研究所に引き渡され、新たにMRX-003の型式番号が与えられた。

一年戦争後に地球連邦軍がジオン軍から接収したサイコミュ技術を用いて研究の一環として開発されており、背部に有線式のビットが装備されている。しかし、当時の技術力ではユニットを小型化することができず、アンバランスな機体となってしまっている。また、本機をテストできるパイロットがほとんどいなかったことからあまり実験データも取れなかったようである。この問題を教訓にムラサメ研究所はサイコミュ兵器をジオングと同じ仕様(有線アーム)に戻し、オーガスタ研究所では教育型コンピュータのサポートによるインコムとして発展していった。

登場作品と操縦者[編集]

SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『SPIRITS』で初登場。
機動戦士ガンダム カタナ
宇宙世紀0084年にシン・フェデラルによって開発された紅いフルアーマー・アレックスをベースに、ムラサメ研究所から取り寄せたサイコミュ機器のパーツを換装した機体が登場する。パイロットは元シン・フェデラルの強化兵士、コテヅで、フルアーマー・ストライカーカスタムブルーディスティニーΩと共にシン・フェデラルと激戦を繰り広げた。
月刊ガンダムエース
2008年2月号掲載の「GAME'S MSV」第63回で本機が紹介された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている。
2連装ビーム・ランチャー
両腕部に内蔵されている。射撃時にカバーが開放され、銃身が前方に展開する。
マシンガン
本機専用のマシンガン。
ビーム・サーベル
格闘用のビーム兵装。Gジェネシリーズでは『WORLD』から追加された。
シールド
左腕に装備されている防御兵装。
有線式大型ビット
背部に2基装備されている有線式サイコミュ兵装。小型化できていないため大型である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムNT-1
発展元。
フルアーマー・アレックス
『カタナ』に登場する機体はこちらがベースとなっている。
ガンダムAN-01"トリスタン"
オーガスタ研究所で改修されたガンダムNT-1。こちらは反応速度を重視している。
NT専用プロトタイプガンダム
漫画雑誌『コミックボンボン』1990年3月号掲載のメカニックデザイン企画『MSV90』に登場する機体。ガンダムNT-1の発展機で、本機と同時期に開発されている。
サイコガンダムMk-II
有線式大型ビットの問題を教訓に有線アームを採用した機体。
ガンダムMk-IVガンダムMk-V
上記と同様の理由でインコムを採用した機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]