パワード・ジム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
パワード・ジム
外国語表記 Powered GM
登場作品 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RGM-79
全高 18.0m
本体重量 46.6t
全備重量 64.2t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,650kW
スラスター総推力 71,480kg
装甲材質 チタン・セラミック複合材
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダム開発計画の一環として開発された評価試験用のモビルスーツで、ジム改をベースに改修した機体である。

背部にガンダム試作1号機と同型の大型ブースターを備えたバックパックを装備しており、ベース機から30%の推力向上を果たしている。脚部には新型ショックアブソーバーが組み込まれ、大推力でジャンプした後の着地後の衝撃に対応している。他にも胸部のエアインテークの変更やフロントスカートに増加ユニットが追加されたりしている。あくまでも評価試験機であるため武装は増強されておらず、個別の型式番号も与えられていない。

トリントン基地への配備、同基地がデラーズ・フリートの襲撃を受けた際の実戦投入が確認されているが、その後、ガンダム開発計画の凍結と共に本機の運用データも抹消されたとされる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
初登場作品。2話ではアレン機以外に2機の存在が確認できる。
ガンダムビルドファイターズ
1話冒頭、画面手前を残骸が横切っている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
ブルパップ・マシンガン
連邦軍で幅広く普及している90mmマシンガン。ザクIIF2型との模擬戦ではペイント弾を使用している。
ハイパー・バズーカ
一年戦争後のジム系列機が携行している360mmバズーカ。
ビーム・サーベル
バックパックの左側に1基装備している。
シールド
後期生産型のジム系列機が携行している十字マーク無しのシールド。

対決・名場面[編集]

ザクとの模擬戦
1話冒頭、ザクIIF2型との模擬戦。コウキースカークスが駆る3機のザクを軽快な跳躍で翻弄。コロニーの残骸を軽々と飛び越え、推進力の差を見せ付けた。本機の最大かつ唯一の見せ場である。
ドム・トローペン
第2話より。トリントン基地の襲撃後、ガンダム試作2号機追撃の際に急遽、実戦投入されるパワード・ジム。ハイパー・バズーカ装備で出撃するアレン機だったが、突如、アダムスキーのドム・トローペンが急襲。反撃する間もなく零距離からのラケーテン・バズをコックピットに食らい撃墜。得意の推進力を実戦で発揮することなく出番を終えてしまう…

関連機体[編集]

ジム改
原型機。
ガンダム試作1号機 (ゼフィランサス)
この機体のバックパックのテストをした。
重装ジム改
本機に武装を追加した外見の機体。
パワードジムカーディガン
ガンダムビルドファイターズトライ』に登場する本機をベースとしたガンプラ
ジム・カスタム高機動型
こちらは試作1号機 (フルバーニアン)のバックパックのテストをしている。
ジムIII・パワード
「パワード」の名を冠するジム系統の機体。名称以外に特に繋がりはない。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]