パーフェクト・ガンダム (サンダーボルト版)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーフェクト・ガンダム (サンダーボルト版)
外国語表記 Perfect Gundam [Thunderbolt Ver.]
登場作品 機動戦士ガンダム サンダーボルト
デザイナー 太田垣康男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
原型機 サイコ・ザクMk-II
改修 南洋同盟
所属 南洋同盟
主なパイロット ダリル・ローレンツ
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ダリルサイコ・ザクMk-IIジオン残党が保管していたガンダムのパーツで改修した機体。

使用されたガンダムのパーツは、かつてクライバー将軍がサンダーボルト宙域で入手したイオ・フレミングのフルアーマーガンダムの物であり、地上用に調整されていたサイコ・ザクMk-IIを宇宙用に調整するために流用された。ただし頭部やランドセルなど一部パーツは形状がガンダムの2号機と似た形状となっており、カラーリングもトリコロールカラーとなっている。

改修に伴いサイコ・ザクMk-IIの外装が取り外され、ガンダムのパーツが充てられている。これによって装甲強度は200%向上。更に推力は150%、脚部スラスターの反応速度は30%向上している。頭部もガンダムの物に変更されたが腕部の装甲はそのままであり、機体各部の動力パイプもそのまま残置されている。

武装はガンダムの固定武装であるバルカン砲とビーム・サーベルのみとシンプルであるが、RPDにより驚異的な機動性を発揮する。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム サンダーボルト

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

リユース・P(サイコ)・デバイス
パイロットの神経の電気信号を、義肢を介して直接機体に伝達するインターフェースシステム。「考える」だけで機体が動作する為、訓練経験の浅いパイロットでも十分に戦果が取れるようになるが、その性能をフルに発揮する為にはパイロットの四肢全てを義肢化しなければならない。なお、名称に「サイコ」とあるがサイコミュシステムの近似技術という訳ではない。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

60mmバルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。頭部がガンダムの物に変更された結果追加された武装。
ビーム・サーベル
ランドセルに2基装備されている接近戦用の斬撃武装。
ビーム・スプレーガン / ビーム・ライフル / シールド
ルナツー内での戦闘時に敵機から奪った武装。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

サイコ・ザクMk-II
原型機。
フルアーマーガンダム (サンダーボルト版)
改修に使用されたパーツ元。
ブラウ・ブロ
本機とドッキングしたモビルアーマー
パーフェクトガンダム
宇宙世紀正史における同名の機体。
名前の元ネタかつ正真正銘「パーフェクトなガンダム」である。
ガンダム
この機体を模した外見となっている。
にせガンダム
「ガンダムの皮を被ったザク」の元祖。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 初代ガンダムとほぼ同じ外見を持つ本機は作中でも『1st』のオマージュが多く、『サンダーボルト』の掲載誌である「ビッグコミックスペリオール」2020年6月発売の13号の表紙絵は『1st』オープニングの「ビームサーベルを手に手前に飛んでくるガンダム」と同じ構図になっており、加えて『サンダーボルト』16巻の表紙絵も同様に「オープニングのラスト、画面手前で止まるガンダム」と同じ構図となっている。更に作中でダリルが主題歌タイトルである「翔べ!ガンダム」をほぼそのままの形で発言するシーンがある等々、ガワだけガンダムなザクが初代ガンダムをオマージュするという皮肉めいた内容になっている。


リンク[編集 | ソースを編集]