ブルーディスティニー3号機改 (ジムヘッド)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルーディスティニー3号機改 (ジムヘッド)
外国語表記 Blue Destiny Unit 3 Custom [GM Head]
登場作品 ガンダムEXA
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RX-79BD-3Re
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 アナハイム・エレクトロニクス社
主なパイロット マリオン・ウェルチ
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が技術研究のために一年戦争時に大破したブルーディスティニー2号機ブルーディスティニー3号機を技術員が回収して修復した機体。カラーリングは青色に塗装されている。

頭部は陸戦型ガンダムの物が手に入らなかったため、ブルーディスティニー1号機と同様に陸戦型ジムの物をベースとしている。EXAMシステムも引き続き搭載されているが、完全には修復できず不完全な物になっている。だが、マリオン・ウェルチがシステムの一部を担うことでシステムを完全に稼働させることが可能である。

ちなみに本機はGAデータが歪められたことで生まれた機体であり、史実ではEXAMシステムが完全に破壊されているため存在しない。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムEXA
エピソード8~10で登場。EXAMシステムの技術を応用した強化人間プロジェクトによって生み出されたゼロ・ムラサメを解放するべく、彼の駆るガンダムMk-II試作0号機と対決。マリオンはEXAMとの決別を果たすため彼と共に倒れる事を使命としていたため、歪められた正史においては戦いの末に両者は相討ちとなり死亡。制止するべく介入した軍の部隊も全滅するという結末を迎えていた。その結末を回避するべくレオスガンダム試作4号機で介入し一度破れた後、レオス ゼノン・フェースで再度介入。右腕を損失しつつもレオスの協力を得て試作0号機を戦闘不能に追い込み事なきを得た。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

EXAMシステム
ニュータイプ用OS。本機に搭載された物は不完全であり、マリオンが使用することで完全となる。稼働時には関節部が発光し、頭部・脚部・バックパックの一部が展開する。

武装・必殺攻撃[編集]

頭部バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
胸部バルカン砲
胸部に2門内蔵されている機関砲。
胸部有線式ミサイルランチャー
胸部に2発搭載されている有線式ミサイル。
ビーム・ライフル
2号機3号機と同様のビーム・ライフル。
ビーム・サーベル
両脚部のサーベル・ラックに計2基収納されている近接武装。
シールド
ジム・コマンド等と同様のシールド。機体本体に合わせてカラーリングが変更されている。なお、コマによって両脇の穴が描かれている時とそうでない時がある。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ブルーディスティニー2号機 / ブルーディスティニー3号機
原型機。
ブルーディスティニー1号機
この機体と同型の頭部となっている。
ブルーディスティニー1号機 GPBカスタム
ガンプラビルダーズ』に登場する1号機をベースとしたガンプラ。本機はこの機体の設定画を流用している。
ブルーディスティニー3号機改
『SDガンダム GGENERATION GATHER BEAT』に登場する本機と同名の機体(ゲーム中は「ブルーデスティニーIII改」表記)。こちらは3号機の性能上位機体で外見および武器構成に変化は無い。ステージ15クリア時に1号機か3号機を保有していると、エクストラステージ6でユウと共に参戦する(ただしマリオン救出イベントが消滅するため注意)。

余談[編集]

商品情報[編集]

漫画 [編集]

リンク[編集]