火器運用試験型ゲイツ改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
火器運用試験型ゲイツ改
外国語表記 GuAIZ Type Fire Arms Experimental
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 YFX-600R
全高 18.93m
主動力 バッテリー
装甲材質 フェイズシフト装甲
開発組織 ザフト軍
主なパイロット ザフト兵
テンプレートを表示

概要 [編集]

ザフト軍が開発した試作型モビルスーツフリーダムガンダム及びジャスティスガンダムに搭載する武装の運用試験を目的とした機体で、ゲイツがベース機として使用されている。それ故に実戦への投入は一切考慮されていない。

装甲はフェイズシフト装甲、背部のバックパックはリフターに変更された。このリフターはジャスティスのファトゥム-00の原型機であり、同じ火器を内蔵している。無論機体からの分離も可能で、本体との連携や支援等が行える。スラスターは3発搭載しているが、後に推力不足が判明。この為、重力下における単独飛行は不可能と思われる。

本体部にもレール砲やビームライフル、ビームサーベルといった武装を装備し、高い火力を有している。しかし動力源はバッテリーであり(当時はまだニュートロンジャマーキャンセラーが実用化されていなかった)、これらの武装とフェイズシフト装甲を同時に使用した場合、その稼働時間は最長でも5分にも満たない。稼働時間延長の為の窮策としてリフターの内部に補助パワーパックの追加も行われたが、それでも10分と持たずにパワー切れに陥ってしまう。

本機の運用試験から得られたデータによりジャスティスのファトゥム-00は再設計が行われ、スラスターを3発から6発に増加させている。また核エンジン搭載機であるが故に補助パワーパックが不要となった為、そのスペースにはM9M9 ケルフス旋回砲塔機関砲が追加される事となった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED MSV
出典元。試験の結果は良好で、その火力は設計陣を満足させたという。
その後第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦にて、パワーケーブルを繋げたままの状態でヤキン・ドゥーエの防衛に当たっていた本機の姿を目撃したという非公式の証言が両軍の兵士から得られている。軍が正式に本機の出撃を命令した記録が存在しない事から前線の兵士が独断で出撃させたものと考えられているが、詳細は不詳である。
機動戦士ガンダムSEED MSV戦記
第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦時、バリー・ホーM1Aアストレイがヤキン・ドゥーエ内から脱出してきたところを攻撃し、返り討ちにあって本体部が沈黙している。その直後にリフターで不意打ちをかけたが、ジャン・キャリーによって阻止された。
機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション完結編 鳴動の宇宙
機動戦士ガンダムSEED HDリマスター
シグーディープアームズと共にヤキン・ドゥーエ表面で防衛を行っていたが、ジャスティスガンダムによって一蹴されている。『SEED MSV』の設定通り、稼働時間の延長のためにケーブルを接続した状態で運用されていた。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY(高山版)
「エピソード0」においてジェネシス第二射の時間稼ぎの為に出撃し、モーガン・シュバリエガンバレルダガーと交戦。損傷しつつも役目を果たし、発射直前に射線上から離脱した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フェイズシフト装甲
一定の電圧を持つ電流を流して相転移させる特殊装甲。その際、装甲には色がつく。物理的な衝撃を無効化でき、単独での大気圏突入も可能だが、高出力のビーム兵器の前には無力である。
非展開時は「ディアクティブモード」と呼ばれ、色がグレーのみとなっている。
ちなみに本機はザフト軍初のフェイズシフト装甲採用機である。
分離
リフターを分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御機関砲
頭部に4門内蔵されている。ゲイツと同じ物で、主に牽制や迎撃等に使用される。後にフリーダムにも採用されることとなった。
MA-M20 ルプス・ビームライフル
携行式のビーム砲。フリーダムやジャスティスの物と同型で、カラーリングはフリーダムが装備している物と同じになっている。
ザフト軍のビームライフルの中でも最も早く制式化され、その出力は連合のGが装備しているビームライフルと比べて非常に高いが、エネルギー消費量の問題からバッテリーを動力源とする機体での運用はかなり難しい。
その為、核エンジンの搭載が決定するまではデチューンした上で採用するかオミットするという方向でも検討されていた。
MMI-M15 クスィフィアス・レール砲
両腰に2門装備されている電磁加速砲。フリーダムの腰部に装備されている物とよく似ており、型式番号も同じだがこちらは三つ折り式ではなく二つ折り式である。その性能差は不明。
MA-M01 ラケルタ・ビームサーベル
クスィフィアスのマウント部に1本ずつ、計2本を装備している。連合のGが装備している物より高出力だが、やはり核エンジン搭載機でなければ運用は困難。
柄尻で連結した「アンビデクストラス・ハルバード」の使用も可能と思われる。
MA-4B フォルティス・ビーム砲
リフターに2門内蔵されているビーム砲。高い出力と速射性を両立させているが、これも核エンジン搭載機でないと運用はかなり難しいとされる。分離時のリフターの主兵装としても使用される。
ザフト軍が持つバルルス改などの大型ビーム砲に地球連合軍から奪取したXナンバーが装備するビーム兵器のノウハウを採り入れて完成させたのではないかと考えられている。ちなみに「フォルティス」はラテン語で「強い力」の意。
GAU5 フォルクリス機関砲
大口径の実弾兵器で、リフターのエンジン部とフォルティス・ビーム砲の間に2門ずつ、計4門が内蔵されている。徹甲弾や炸裂弾等を発射可能で、弾種は用途に応じて変えられる。瞬時に目標を制圧できる程の速射性がある。
「フォルクリス」はラテン語で「鳥」を意味する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゲイツ
ベース機。
ゲイツR
ゲイツの改修機。
フリーダムガンダムジャスティスガンダム
これらの機体に搭載される武装の運用試験を行っている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]