プルツー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

プルツー(Ple-Two)

ネオ・ジオン軍のクローンニュータイププルクローン)の一員で、グレミー・トト率いるニュータイプ部隊の中核。グレミーの命令を忠実にこなす戦闘マシーンとなるべく、調整が施された。容貌こそエルピー・プルに瓜二つだが、こちらの性格は好戦的かつ残忍。サイコガンダムMk-IIキュべレイMk-IIクィン・マンサなどのニュータイプ専用MSに搭乗し、ジュドーの前に立ちはだかった。最後はプルの思念に諭されジュドーの元に行くが、クィン・マンサの爆発の余波で負傷してしまう。ハマーンとジュドーの最終決戦の直後、重体の身をおしてジュドーを救い、力を使い果たして息絶える。

登場作品と役柄

機動戦士ガンダムΖΖ

人間関係

ジュドー・アーシタ
プルの応援を受け、プルツーを救おうと努力する。そして、ジュドーの危機に、自身の感知能力で居場所を特定させ、ジュドーの危機を救った。
エルピー・プル
もう一人の自分といえる存在。
グレミー・トト
上官。慕っていたのだが、プルの説得によりジュドーに引き込まれていく。
プルクローン
プルツー以後に量産されたクローン。最低でも10人以上いるらしい。

名台詞

アーガマを沈めれば良いのだろう?体慣らしには丁度いい」
コールドスリープから目覚めたときのグレミーに対する台詞。
「あれがΖΖか…フン、面白い!」
ΖΖガンダムと初対峙した時の台詞。
「子供の遊びじゃないんだよ!そこのでかいの!」
「フン!こざかしい」
「ジュドー!連れてって!」
ついに彼女の本音が出たセリフ。グレミーを残しクィン・マンサを放棄しかけたが…。
「グレミィィィ!!」
「きゃああぁーっ!!」
ΖΖガンダムのマニピュレーターからバランスを崩して転落し爆風に吹き飛ばされた。

搭乗機体・関連機体

サイコガンダムMk-II
キュベレイMk-II (プルツー機)
クィン・マンサ

商品情報

話題まとめ

資料リンク

リンク