ゲミヌス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲミヌス
外国語表記 Geminus
登場作品 GUNDAM EVOLVE
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型可変モビルアーマー (サイコシップ)
型式番号 QRX-006
主動力 熱核融合炉
開発組織 チャクラ研究所
所属 ティターンズ
乗員人数 6名
主なパイロット ティターンズ兵?
テンプレートを表示

概要[編集]

チャクラ研究所が開発したニュータイプ専用試作型可変モビルアーマー。サイコシップとも呼ばれる機体である。

非常に特徴的な外観の機体であり正八面体のモビルアーマー形態からモビルスーツ形態へ変形可能で、上半身のみ変形させた状態にもできる。モビルスーツ形態に脚部は存在しているが、歩行可能なものではなくランディングギアとしての機能に限定されている。操縦は司令部のようなコックピットで複数のニュータイプもしくは強化人間によって行われ、全ての操作がサイコミュシステムによるものとなっている。武装は全身に内蔵されているメガ粒子砲と分離可能な手部、ビットのようなサイコミュ・モビルスーツ「ハスター」となっている。特に機体底部のメガ粒子砲は軌道上から地上の任意の地点を狙撃できる威力と精度を誇る。また、敵のサイコミュを乗っ取る機能もあるようで、敵機から情報を抜き出している。

一部ではサイコガンダムの流れを組む機体と言われている。

登場作品と操縦者[編集]

GUNDAM EVOLVE
「EVOLVE../9」で登場。カラバへと寝返ったチャクラ研究所に対する報復として基地近くの衛星軌道上へと侵攻。エゥーゴの先行艦隊を全滅させた後、研究所から出撃したホワイト・ゼータレッド・ゼータグレイ・ゼータを驚異的性能で圧倒した。やがてレッド・ゼータを支配下に置き、ハッキングしたデータから研究所の位置を特定し砲撃を行う。しかし、ホワイト・ユニコーンの呼び掛けを受け復帰したレッド・ゼータのサイコミュ・ジャックによって逆にサイコミュ・ハンドを制御下に置かれてしまう。そのままジャックされたハンドで頭部を握り潰された末、レッド・ゼータ共々大気圏へ突入。最期はチャクラ研究所に叩き込まれ研究所諸共爆散した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルスーツ形態及びモビルアーマー形態、その中間形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

メガ粒子砲
機体各部に複数内蔵されているビーム砲。非常に密度の高い弾幕を形成可能で、威力も軽々と戦艦を轟沈させるほどである。
高出力メガ粒子砲
機体底部に内蔵されている高出力ビーム砲。ハッキングした敵機から基地座標などを得る事で軌道上から地上の任意の地点を精密射撃可能である。
サイコミュ・ハンド
手部は手首から射出後にサイコミュによる無線制御が可能となっている。それぞれの指にもビーム砲が搭載されている。
ハスター
本機に8機搭載されているサイコミュ・モビルスーツ。サイコミュによって制御される機体で、ゲミヌスの四辺から分離した後、モビルスーツ形態へ変形。両腕部の連射性の高いビーム砲によるオールレンジ攻撃が可能となっている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

サイコガンダム
本機はこの機体の流れを組む機体と言われているが詳細不明。

リンク[編集]