2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ジム改[ケラウノス所属機]

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム改[ケラウノス所属機]
外国語表記 GM TYPE-C[KERAUNOS SQUAD]
登場作品 ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者
デザイン 間垣リョウタ(画稿)
空山竜司(模型作例)
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-79C
主動力 熱核融合炉
装甲材質
原型機 ジム改
開発組織 地球連邦軍(原型機)
改修 ケラウノス
所属組織 ケラウノス
母艦 ザンジバルケラウノス
主なパイロット ヴァン・アシリアイノ
テンプレートを表示

概要[編集]

ティターンズ組織ケラウノスが予備戦力として保有するジム改。廃棄寸前だったジム改のフレームを、ジャンクパーツやジム・コマンドのパーツで修復した機体であり、頭部やバックパックはジム・コマンドの物がベースとなっている。使用されているパーツの中には一年戦争当時の物も含まれているが、コクピットは全天周モニターリニアシートに変更されている。

ティターンズの攻撃に対し、戦力不足を補う為にロープス・スグル・アキヤマヴァン・アシリアイノが組み上げ、ヴァンの戦闘スタイルに合わせて活動時間を犠牲にしてブースター出力を高めるよう調整が行われた。

登場作品と操縦者[編集]

ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者
連載4回目から最序盤の主役機として登場。ケラウノスに搭載されていた機体をヴァンとロープスが組み上げ、ベーリング海でティターンズの追撃部隊と交戦。ダミーバルーンを重力下で使用するというトリッキーな戦法で戦果を上げたが、北米東部アパラチア山脈での戦闘で左足を破損し、ジム改[ワグテイル]に改修された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ダミーバルーン
撹乱用装備。簡単な固体ロケットで機動する事ができるモデル。
有重力下では風の抵抗と固体ロケットの推進力で不規則な機動を描く事しかできないが、ヴァンはあえてそれを空中で使用し、落下するバルーンに紛れる戦法を取って敵を撹乱した。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に二門内蔵。
ブルパップ・マシンガン
連邦軍で幅広く普及している90mmマシンガン。
ビーム・ライフル
ジムIIなどが使用している物。アパラチア山脈での戦闘で使用している。
ビーム・サーベル
格闘戦用の斬撃武器。バックパック右側に1基装備。
シールド
ジム・コマンドなどが使用している物。プラモデルの作例で装備している。また、TCG『ガンダムウォー』のカードの挿絵ではワグテイルのシールドを使用している。

対決・名場面[編集]

ハイザック

関連機体[編集]

ジム改
ベース機。基本的なスペックに変わりはない。
ジム・コマンド
頭部やバックパックに本機のパーツが一部流用されている。
ジム改[ワグテイル]
中破した本機をアナハイム・エレクトロニクス社の試作パーツで改修した機体。
ワグテイルII
ワグテイルの再改修機。ジム・カスタムのパーツや複数のワンオフパーツが組み込まれている為、「ジム改」の名称が名前から削除されている。

余談[編集]

  • 『刻に抗いし者』の準備稿の時点では機体が白とオレンジのツートンカラーで、バックパックがジム・コマンド宇宙戦仕様と同じ物・股間ブロックのV字マークが残っている等の差異が見られる。
    • 後にワグテイルとして完成したであろう、高機動装備の画稿も共に用意されている。大改修を受けたワグテイルとは違い、こちらは機体の各所に増設バーニアを配置した形態となっている。

商品情報[編集]

リンク[編集]