ジンクスII

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジンクスII
外国語表記 GN-X II
登場作品 機動戦士ガンダム00F
デザイナー 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 擬似太陽炉搭載型モビルスーツ
型式番号 GNX-607T
頭頂高 19.0m
総重量 70.0t
主動力 GNドライヴ[Τ]
装甲材質 Eカーボン
開発組織 国連軍 (地球連邦軍)
所属 国連軍 (地球連邦軍)
主なパイロット 連邦兵
テンプレートを表示

概要[編集]

国連軍地球連邦軍)の擬似太陽炉搭載型モビルスーツ

ジンクスをベースに開発された後継機で、胸部と両腰のGN粒子発生装置が小型化され、更に両肩と両腰にハードポイントが増設されている。

バリエーションとして近接戦闘型砲撃戦型が用意されており、これらはガンダムスローネの運用データを基にしている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00F
初登場作品。#13から登場し、ソード、キャノンと共に出撃してフォン・スパークガンダムアストレアTYPE-F2と交戦するが、基地にティエレンシェルフラッグが侵入しようとしている事に気づき、そちらの迎撃に向かった。
その後、シェルフラッグをあと一歩のところまで追い詰めるが、フォンの攻撃により撃墜されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ハードポイント
両肩と両腰に装備。
換装
ジンクスIIソード、ジンクスIIキャノンに換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

GNバルカン
頭部に2門内蔵。主に牽制などに使用される。
GNビームライフル
本機の主兵装。威力はガンダムの物と同等で、内蔵された大型GNコンデンサーからエネルギーを供給する。不使用時は腰部ハードポイントに装着される。
GNビームサーベル
両脚部に1本ずつ格納。
GNクロー
両腕部のマニピュレーター。先端が鋭利な形状になっており、本来はエネルギー切れの際の最後の手段と言うべき装備だが、GNフィールド効果を利用すれば攻撃力を底上げ出来る。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

装備バリエーション[編集]

ジンクスIIソード
GNバスターソードを装備した近接戦闘型。
ジンクスIIキャノン
GNキャノンを装備した遠距離砲撃型。

系列機・派生機[編集]

ジンクス
前任機。
アドヴァンスドジンクス
後期生産型ジンクスのカスタム機。この機体のデータも本機に取り入れられている。
ジンクスIII
後継機。
ジンクスIV
ジンクスIIIの後継機。本機の運用思想を引き継ぎ装備の換装が可能となっている。

リンク[編集]