アドヴァンスドジンクス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドヴァンスドジンクス
外国語表記 Advanced GN-X
登場作品
デザイナー 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 擬似太陽炉搭載型モビルスーツ
型式番号 GNX-604T
全高 19.0m
本体重量 70.4t
主動力 GNドライヴ[Τ]
装甲材質 Eカーボン
開発組織 国連軍
所属組織 国連軍地球連邦軍(連邦軍編成に伴い移管)
主なパイロット エイミー・ジンバリスト
テンプレートを表示

概要[編集]

国連軍地球連邦軍)の擬似太陽炉搭載型モビルスーツ

ジンクスの後期生産型のカスタム機で、頭部に大型アンテナを取り付けて通信機能を強化したり、脚部にGNバーニアを増設する等して機動性を向上させている。また、パイロットの特性を極限まで引き出すシステムも搭載された。反面、ジンクスと比べて操縦もかなり難しい機体となっている。

デザインを担当した海老川氏によると本機は00世界における高機動型ザクIIのポジションにあたる機体だとしている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00V
初登場作品。一部のエースパイロットに引き渡され、非常に高いミッション達成率を叩き出している。特にエイミー・ジンバリストが有名で、反政府組織との戦闘で目覚しい戦果を挙げた。
機動戦士ガンダム00V戦記
GNハンマーのテスト中だったエコ・カローレガンダムアストレアTYPE-F2と交戦したが、取り逃がしている。
西暦2314年時のELSとの防衛戦では、ジンクスIVが準備されているにもかかわらず、エイミーはこの機体に搭乗。ELSを「単調な相手」と油断していたが、機体が損傷し、取り付かれそうになった所をガンダムに救われた。
ELSとの戦闘が終結した後に勃発した地球連邦軍と反乱軍の戦闘にもエイミーが搭乗して参加しており、ジンクスIVと交戦したが、性能差から撃墜されそうになったところをラファエル ドミニオンズに助けられている。
機動戦士ガンダム00I
レイヴ・レチタティーヴォが見ていた映像の中で少しだけ登場している。カタロンの拠点を壊滅していた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ハードポイント
両肩に装備。通常はGNディフェンスロッドが装着されている。
換装
任務に応じて両肩の装備を換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

GNバルカン
頭部に2門内蔵。主に牽制やミサイルなどの迎撃に使われる。
アドヴァンスドGNビームライフル
本機専用のビーム銃。ジンクス用のライフルをベースにしており、戦闘中でも命中精度などの設定を変更できるようになっている。
セルゲイのティエレン全領域対応型も大型GNコンデンサーを追加した物を装備していた。
GNビームサーベル
脚部にバーニアが増設されてマウントできなくなった為、アドヴァンスドGNビームライフルに1本装着されている。銃剣としても使用可能。
GNクロー
両腕部のマニピュレーター。先端が鋭利な形状になっており、本来はエネルギー切れの際の最後の手段と言うべき装備だが、GNフィールド効果を利用すれば攻撃力を底上げ出来る。
プロトGNランス
本機の主兵装。ジンクスIIIのGNランスの試作型で、実体式の槍に粒子ビーム砲が4門内蔵されている。本機での運用データから有用であると認められ、制式採用された。
GNディフェンスロッド
ハードポイントに装備されている防御兵装。ジンクスのGNシールドに装備されている物よりも大型化されている。
GNメガランチャー
ハードポイントに装着可能とされる武装。詳細は不明。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジンクス
原型機。
アドヴァンスドジンクス (デボラ機)
パーソナルカラーの赤で塗装されたデボラ・ガリエナ専用機。
ストライカージンクス
ガンダムビルドファイターズ バトローグ』に登場する本機をベースとしたガンプラ。ジンクスIV開発時の地上戦データを集めるテスト機という設定。
ジンクスIII (地球連邦型) / ジンクスIII (アロウズ型)
制式仕様のGNランスを主兵装としている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]