タチ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

タチ(Tachi)[編集]

概要[編集]

ランバ・ラル隊の一員で階級は中尉。

ランバ・ラルの戦死後、ハモンが指揮する残存部隊をサポートし、ランバ・ラルを慕った兵を集め、自らも唯一残ったザクIIを駆ってホワイトベースに戦いを挑んだ。

ザクでガンダムの動きを止める事に成功するが、ハモンのマゼラ・トップによる砲撃をガンダムがかわす際に盾代わりにされて死亡する。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダム THE ORIGIN
過去の彼の姿が描かれ、かつてはハモンに恋い焦がれる青年だったり、ホワイトベースに乗り込む前のセイラと接触し、シャア=キャスバルである事を示唆したりと大活躍している。

人間関係[編集]

ランバ・ラル
上官。
クラウレ・ハモン
彼女の誤射で戦死することになる。「THE ORIGIN」では彼女に恋い焦がれていた。
シン・マツナガ
ルウム戦役直後、ハモンと共に知り合う。当時のタチは内務情報局の人間で、レビルを奪還するためにサイド3に潜入していたスパイの摘発を引き受けていた。この時、スパイについて、及びラルと連絡が取れなくなっている案件といった関連事項でシンと邂逅している。

名台詞[編集]

「ミス・ハモン…ここまでです。本望です!最後にあなたの役に立てて、本望ですっ!!」
「THE ORIGIN」における最期の台詞。

搭乗機体・関連機体[編集]

ザクIIJ型

商品情報[編集]

リンク[編集]