チャッペ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャッペ
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
デザイン 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン合金ネオセラミック複合材
原型機 ゲドラフ
改修 サイド5の工房
所属 無敵運送
母艦 エスカル
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

無敵運送が保有しているモビルスーツザンスカール帝国ゲドラフをベースにサイド5の工房が独自の改修を施した機体。同一仕様の機体が8機製造され、そのうち2機が無敵運送で使用されており、頭部のカラーパターンがそれぞれ異なる。

猫を思わせる特徴的な頭部パーツは実体弾を受け流す事で後方へ跳弾させる事を狙った物。また、肩アーマーも構成を変更し分割式になった事で、腕部の可動域が拡大している。これらの改修は防御に重きを置いた機体だったゲドラフの性能を汎用型にシフトする意図があった。

比較的新しい機体がベースの為、補給パーツ[1]の入手は容易で安定した性能を保っているが、ゲドラフは本来アインラッドとの連携を想定していた機体である為、チャッペ単体ではやや精彩さを欠く。

宇宙世紀160年代のモビルスーツは主な武装が実体弾及び実体剣にシフトし、熱核融合炉にそれほどの高出力が要求されなくなった為、ザンスカール戦争時のモビルスーツと比較して爆発しづらくなっている。

登場作品[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
1号機と2号機が登場し、それぞれシャンガリカリフがパイロットを務める。1号機はジャンガリがエスカルの操舵を担当した際にレオ・テイルが搭乗し、「再投火の日」以降は完全にレオ機として扱われ、カラーパターンも変更された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

マシンガン
標準的なマシンガン。ビーム兵器が希少化した時代では一般的な装備であり、ミガッサなども同様の装備を持つ。
シールド
覗き窓の付いた実体シールド。中には表面に何故か顔文字が描かれている物もある。
アックス・ガン
アンカーが装備していた複合兵装。サイド1での戦闘でアンカーV2と連携する際にレオ機に装備された。腰部にドラムマガジンを装備している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゲドラフ
原型機。

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ただしビーム兵装は除く。