プロト・スタークジェガン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

RGM-89S プロト・スタークジェガン(Prototype Stark Jegan)[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の試作型モビルスーツ。「運用試験機」とも呼ばれる。
ジェガンを対艦攻撃用に改修した機体でジムIIIの長距離支援機としてのコンセプトも引き継いでおり、高い火力を持つ。装甲の一部にガンダリウム合金製の物を追加した事で防御力が上がっており、同時に軽量化も行われている。背部には大型スラスターユニットが取り付けられ、これによって機動性も向上。
コクピットは左右にリニアシートのある複座式へと変更され、左側が操縦系、右側が火器管制を担当するようになっている。また、上部には拡張モニターが設けられており、火器管制担当はここから攻撃する際の情報を得られるようになっている。

元々、「スタークジェガン」は本機のみであったが、『ガンダムUC』に制式採用機が登場して以降、本機はそのプロトタイプとして再設定される事となった。

登場作品と操縦者[編集]

CCA-MSV
少数が生産され、運用試験が行われている。試験終了後、全機が月のアナハイム・エレクトロニクス社に保管される事となった。
機動戦士ガンダムUC
保管されていた内の1機が艦載機の多くを失ったネェル・アーガマへの補充機体として配備され、パラオ攻略戦に実戦投入されている。
機動戦士ガンダムUC 星月の欠片
テストパイロットはアルバ・メルクルディメルツ・マーレス
ドリッド・ドライザクと交戦した後、「バーブレス」と呼ばれる武装集団とも交戦。負傷していたメルツに代わってドリッドが搭乗し、全機撃破している。
その後、パラオ攻略戦時にもアルバとドリッドが本機に搭乗している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
両肩の武装を換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

マシン・キャノン
胸部に2門内蔵されている火器。「60mm機関砲」とも呼ばれる。
ビーム・ライフル
右腰部に1挺マウントされている。ジムIIやジムIIIなどが装備していた物の改良型。
ハンド・グレネード
左腰部に1基装備。装弾数は3発。
ハイパー・バズーカ
実体弾を発射する無反動砲。口径は380mmで、通常弾と散弾を発射可能。
対艦ミサイルランチャー
3連装の物を両肩に1基ずつ装備。ユニットにはセンサーが内蔵されており、命中率が高い。任意にパージできる。
大型ミサイル
対艦ミサイルランチャーの両端に2発ずつ装着可能。
核弾頭ミサイル
大型ミサイルの代わりに装着可能。しかし、使用された記録は一切ない。
大型対艦ミサイル
対艦ミサイルランチャーの代わりに装備可能。先端部にはカメラが内蔵されている。パラオ攻略戦時に装備されていた。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

スタークジェガン
ジェダ
ジェガン
ジェガン改
ジェガンD型
ジェガン (エコーズ仕様)
ジェガン (先行配備機)
EWACジェガン
ジェガンJ型
ジェガンR型
ジェガンM型
STガン
ジェガン重装型
ジェスタ
ジェスタ・キャノン
グスタフ・カール
ジムIII

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]