AEUイナクト (デモカラー)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
AEUイナクト (デモカラー)
外国語表記 AEU ENACT Demonstration Color
登場作品
デザイナー 福地仁
テンプレートを表示
スペック
分類 デモンストレーション用量産型可変モビルスーツ
型式番号 AEU-09T
頭頂高 17.6m
本体重量 66.8t
装甲材質 Eカーボン
開発組織 AEU
所属 AEU
主なパイロット パトリック・コーラサワー
テンプレートを表示

概要 [編集]

AEUが開発した量産型モビルスーツ

AEUイナクト指揮官型のカラーリングをライトグリーンに変更している。それ以外は指揮官型とほぼ同一である。

ちなみにビリー・カタギリは本機を見て「フラッグの猿真似」、「独創的なのはデザインだけ」と評している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
第1話で登場。パイロットはパトリック・コーラサワー
AEUが自国の威信を賭け、わざわざ人類革新連盟軌道エレベーター稼働十周年と同じ日にジャーナリストや各国関係者を集めて披露したのだが、それをソレスタルビーイングの初お披露目に利用される事となり、ガンダムエクシアの武力介入によって瞬殺されてしまった。
機動戦士ガンダム00N
第1回で紹介。エクシアとの戦闘後に機体は回収されており、耐ビームコーティング技術の研究に役立てられた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
飛行形態に変形可能。
ウェポンベイ
脚部の内部はウェポンベイとなっており、ミサイルや推進剤の増槽タンク等を搭載可能。

武装・必殺攻撃[編集]

リニアライフル
本機の主兵装。その名の通り、リニアモーターで電磁石磁場を発生させ、磁石の反発力で弾を加速させて撃ち出す実弾兵器で、後部にはバッテリーが装備されている。通常のモビルスーツ程度が相手なら十分な程の威力がある。
ソニックブレイド
接近戦用のナイフ。刃を高周波振動させる事で切れ味を高めている。劇中では高周波による騒音で観客を騒がせた。
ディフェンスロッド
腕部に装着される棒型の防御兵装。回転させる事で弾をはじくようになっている。飛行形態のみのミッションでは装着されない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

AEUイナクト指揮官型
一般カラー。
クラウス専用イナクト ランドストライカーパッケージ
他人の専用機だが、機体色が似通っている。

余談 [編集]

  • ガンプラ「HG 1/144 AEUイナクト (デモカラー)」は成形色の色合いが設定画よりも濃いめであるため、原作再現をする場合は塗装が必須となっている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]