2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ν-ジオンガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ν-ジオンガンダム
読み ニュージオンガンダム
外国語表記 ν-ZEON GUNDAM
登場作品 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ (ガンプラ)
型式番号 RX-93N04
全高 22.0m (ダイバーの独自設定)
重量 69.8t (ダイバーの独自設定)
装甲材質 プラスチック
ビルダー キャプテン・ジオン
ダイバー キャプテン・ジオン
テンプレートを表示

概要[編集]

GBNにおいてキャプテン・ジオンが愛用するガンプラ

νガンダムサザビーを掛け合わせたデザインを持つのが特徴で、「ジオン側のνガンダム」という、ある種のパラドクスを生み出すコンセプトの元で製作されている。この「ジオンの意匠を持つ真紅のνガンダム」という外見については、GBNのマナー改善を使命に日々奮闘するキャプテン・ジオンにとって「改善の対象は連邦でもジオンでもダイバーの所属は関係ない」という決意を体現した姿であるとされている。また、胸部にはキャプテン・ジオンのモチーフである「Z」のエンブレムが施されている。

マナー違反ダイバーがキャプテン・ジオンの対話に応じずバトルに発展した際に登場し、違反ダイバーに対し強大な必殺技で天誅を下す。

なお、キャプテン・ジオンが搭乗する際の流れは

  • ジオニック・ジェネレイション!」の掛け声と共にキャプテン・ジオンが左指で「Z」の字を描く
  • 光となったキャプテン・ジオンが「アナハイム・フュージョン!」の掛け声と共にν-ジオンガンダムの額のモノアイレールに飛び込み、一瞬「Z」の字が浮かんだ後、モノアイが点灯する
  • ジオニックソードを掲げて決めポーズ

と、一部が某勇者シリーズを彷彿とさせる流れとなっている。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
第4話で初登場。キャプテン・ジオンがG-TubeにアップロードしているGBNマナー改善動画で登場しており、日々マナー改善のために奮闘している。力及ばず敗北する事もあるが、それでも不屈の精神で戦い続ける姿にGBNのダイバー達から高い支持を得ている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ケープスラスター
フィンファンネルをベースにマント状に配置させた推進装置。スラスター1基につき3つのフィンファンネルが束ねられており、背部に計4基装着されている。機体から分離させテリブルファンネルとして運用する事も可能。

武装[編集]

ジオニックソード
本機の主兵装である、ジオン軍のエンブレムを模した形状の巨大実体剣。刃を展開させる事でハイメガサーベル、ハイメガボウガンの2形態へと変形する。グリップ形状などを見るに、ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドLのタクティカルアームズをベースにしているものと思われる。
ハイメガサーベル
ジオニックソードの刃を左右に展開し、基部から長大なビーム刃を形成させた状態。
ハイメガボウガン
ジオニックソードの刃を左右に展開し、ボウガン状に変形させた状態。
テリブルファンネル
ケープスラスターが機体から分離し、ファンネルとして機能している状態。3つのフィンからビームを一斉射するため、実質、3連装ファンネルとも言える。
コンバットナイフ
ジオニックソードとは対照的に至ってシンプルな形状の小型実体剣。形状はガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドLのアーマーシュナイダーに酷似している。
頭部バルカン砲と思われる武装
原型機であるνガンダムから引き続き搭載しているが、改造が施されているかは不明。
拡散メガ粒子砲と思われる武装
サザビーに倣って股間部に設けられているが、サザビーと同様に拡散式であるかは不明。

技・必殺攻撃 [編集]

アクシズ落とし (仮称)
空高く掲げたハイメガサーベルの切っ先にアクシズを召喚し敵目掛けて落とす必殺技。技の流れは「胸部のZマークから拡散するビームを放ち、敵の命中した箇所に逆さの「Z」の紋章を浮かばせる → ハイメガサーベルを使いアクシズを召喚 → ジオニックソードを振り下ろしアクシズを落下させる」というもの。「守ろうGBN」の掛け声と共にνガンダムベースの機体がフィールドごとマナー違反者を粉砕する光景には、技を受けたガザ三兄弟も思わず「お前が落とすんかい!」とツッコんだ。

対決・名場面[編集]

GBNの守護者 キャプテン・ジオン!
『Re:RISE』第4話より。無料配布パーツを高値で売り、カタパルト前では違法駐禁、さらには報酬と撃破スコア欲しさに仲間ごと敵を吹き飛ばすガザ三兄弟の前にキャプテン・ジオンが昂然と現れた!ν-ジオンガンダムの技の数々はガザ三兄弟を追い詰め、トドメに必殺のアクシズ落としが炸裂!こうしてGBNの平和は今日も守られた!
不滅のガンプラ魂
『Re:RISE』第7話より。何度修正されようと更生しない違反ダイバーの駆るデストロイガンダムの前にキャプテン・ジオンは敗北の一歩手前まで追い詰められる。しかしキャプテン・ジオンは諦めない。胸にガンプラ魂が燃え続ける限り何度でも立ち上がるのがキャプテン・ジオンだからだ。そして語りかける。君の胸にもまだあるはずだ、熱く燃える何かが、と。それこそ「誰の物でもない君だけのガンプラ魂」なのだ。
そしてその言葉に応えるように改心したガザ三兄弟が現れ、キャプテン・ジオンと共に強大な敵に立ち向かう。そう、本当の戦いはこれからなのだ!

関連機体[編集]

νガンダム
ベースキット。「HGUC 1/144 νガンダム」を使用している。
サザビー
本機に意匠として盛り込まれている。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL
ジオニックソードとコンバットナイフのベースと思われる武装を持つ。それを示唆してか「HGBD:R 1/144 ν-ジオンガンダム」のインストに「わかる人間にはわかる」と記載されている。

余談[編集]

  • 名前にジオンの名を冠し、かつジオン軍のエンブレムを手に持つ、まさにキャプテン・ジオンの愛機に相応しい外見を持つ機体ではあるが、νガンダムは連邦軍機でサザビーはネオ・ジオン機、かつ両方共にAE社製、ジオニックソードが恐らくタクティカルアームズをベースしている等、純ジオン系パーツがほぼ存在しない、とツッコミどころが多い機体である(機体コンセプト的に言うだけ野暮だが)。
  • 「HGBD:R 1/144 ν-ジオンガンダム」には余剰パーツとしてνガンダムの武装パーツが付属しているが、ビーム・サーベル以外はパーツ不足で完全に組む事ができず、ビーム・サーベルについてもビーム刃が付属していないため、キット単体でのνガンダムの再現は不可能となっている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]