2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ギラ・ドーガ改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

AMS-119S ギラ・ドーガ改(Geara Doga Kai)[編集]

概要[編集]

ギラ・ドーガの指揮官用高性能機として開発された機体。装甲がガンダリウム合金となったことで機体強度が40%向上し、アビオニクスの大部分を新規部品にしたことで基本性能が向上している。α・アジールの開発が決まったことで本格生産は見送られ、試作機のみの生産にとどまった。

登場作品と操縦者[編集]

CCA-MSV
出典作品。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・マシンガン
ビームを撃ち出すマシンガン。銃身下部にはグレネード・ランチャーが装備可能。
グレネード・ランチャー
銃身下部に装着されている。シールド裏にもあるかは不明。
ビーム・ソード・アックス
近接戦用の武装。サーベル、斧、ピックの3モードに切り替え可能。
シールド
折りたたみ式で、左腕に装備されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ギラ・ドーガ
原型機。
ギラ・ドーガ改 (シド・アンバー機)
機体名は同一だが、全く別物の機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]