ギラ・ドーガ サイコミュ試験タイプ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギラ・ドーガ サイコミュ試験タイプ
外国語表記 Geara Doga Psycomyu Test Type
登場作品 CCA-MSV
デザイナー 福地仁
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 AMS-120X
主動力 熱核融合炉
開発組織 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍がギラ・ドーガをベースに開発したニュータイプ専用試作型モビルスーツシャア・アズナブル率いるネオ・ジオンが最初に開発したニュータイプ専用機であり、ニュータイプ専用機を少数生産して投入する事で、地球連邦軍との戦闘における数的不利を補い短期決戦に持ち込むのが開発の目的とされる。

ギラ・ドーガのムーバブルフレームを流用しつつサイコミュシステムを搭載しておりファンネルも装備されている。だが、サイコフレームが実用段階になく、サイコミュの小型化には失敗してしまっている。また、サイコミュに問題があり、本体のファンネルとシールドのインコムを同時に操作することが不可能となっている。他の武装はグレネード・ランチャー付きの大型ビーム・ライフルや腹部に拡散ビーム砲などを装備しており、後続のヤクト・ドーガと比べて火力は勝っていたが、運動性は劣っていたとされる。

本機をベースにアナハイム・エレクトロニクス社でヤクト・ドーガが開発されることになった。本機はヤクト・ドーガに似たデザインだが、紅いカラーリングと頭部形状はサザビーを彷彿させる。

ちなみにギラ・ドーガをベースとするニュータイプ専用機として本機以外に「レーテ・ドーガ」なる機体が存在すると指摘される事もあるが、こちらは月刊ホビージャパンの別冊『HOW TO BUILD GUNDAM WORLD 5 "MOBILE SUIT GUNDAM NEW GENERATION"』に掲載された模型誌オリジナルの作例であって公式ではない。

登場作品と操縦者[編集]

CCA-MSV
出典元。前述の運動性の悪さが問題視され、ニュータイプ専用機としては要求性能を満たせていない事から制式採用には至らなかった。
この機体の開発がきっかけで、ネオ・ジオン軍はニュータイプ専用機の開発もアナハイムの協力を得る事になった。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
携行式のビーム砲。サザビーのビーム・ショット・ライフルの原型となった武器であり、形状が酷似している。
グレネード・ランチャー
ビーム・ライフルの銃身下部に装備されている。装弾数は5発。ちなみにサザビーのビーム・ショット・ライフルでは拡散ビーム砲に変更された為、装備されていない。
拡散ビーム砲
腹部に1門内蔵されているビーム砲。ヤクト・ドーガには受け継がれなかったが、サザビーには拡散メガ粒子砲として装備されている。
シールド
両肩部の側面に装着されているシールド。ファンネル・ラックも兼ねている。ヤクト・ドーガのファンネル・ポート・シールドの原型となった装備である。
ファンネル
サイコミュ制御による無線式の誘導兵器で、シールドに3基ずつ、計6基を装備。オールレンジ攻撃を可能とする。後のヤクト・ドーガとは異なり、シールドに埋め込まれる形でマウントされている。
グレネード・ランチャー
シールド先端部に計2発装備されている。
ビーム・サーベル
シールド裏側にマウントされている近接武装。『GENESIS』ではヤクト・ドーガと同型の物を装備している。
オプション・シールド
左腕部に装着される実体盾。武器が搭載されている。完成度が高く、ヤクト・ドーガのシールドの原型となった。
メガ粒子砲
オプション・シールドの表側に4門内蔵されているメガ粒子砲。
インコム
オプション・シールドの側面に3基搭載されている。有線式のサイコミュ誘導兵器であり、端末に内蔵されたビーム砲とアポジモーターを駆使してオールレンジ攻撃を行う。ファンネル程の高度なオールレンジ攻撃は行えないものの、コントロール時の感応波を敵ニュータイプから感知されにくく扱いやすいという利点がある。MS本体のサイコミュの問題からファンネルとインコムを同時に使う事は困難とされ、ヤクト・ドーガではオミットされる事になった。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ギラ・ドーガ
ベース機。
ヤクト・ドーガ
後継機。
バルギル
ヤクト・ドーガと同時期に開発されていた試作機。こちらは機動性に優れていたが、サイコミュの性能が劣っていた。
サザビー
総帥専用機。サイコミュ試験タイプの基本コンセプトを継承し、開発時に同機から得られたデータを活用しているとされる。

リンク[編集]