ハイザック (レジオン鹵獲仕様)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイザック (レジオン鹵獲仕様)
外国語表記 Hi-Zack[RE-ZION CAPTURED]
登場作品 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
デザイン 藤岡建機
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 ARZ-106HZ
頭頂高 18.0m
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン合金セラミックス複合材
原型機 ハイザック
製造 アルカディアプラント(再生産機)
改修 レジオン
所属 レジオン
主なパイロット レジオン
テンプレートを表示

概要[編集]

レジオングリプス戦役終結後、火星に逃げ延びたティターンズ残党のハイザックを鹵獲・改修したモビルスーツ

機体は基本的にハイザックとあまり変わらないが、内装のアップデートやジェネレーターの改修によって、原型機では不可能だったビーム・サーベルとビーム・ライフルの同時使用が可能である。

運用環境によって通常型と軽装型の2種に分けられており、通常型はバックパックの推進器を撤去し、戦艦や前線の基地に配備されている。武装はビーム兵器やトライブレードといった実戦向けの装備が多い。軽装型は脚部の推進器を取り外し、バックパックをマラサイのものに換装している。主に都市や市街地の警備に使われた。武装は自軍への被害を最小限に抑えるため、実弾系をメインにしている。なお、指揮官機にはブレードアンテナが取り付けられている。

鹵獲した機体の他にも、火星アルカディアプラントでこの改修に準じた仕様で生産されている。宇宙世紀0091年時には鹵獲した機体よりも再生産された機体のほうが多いとされる。

宇宙世紀0090年代においてハイザックは旧式機であるが、レジオンではTR計画やそれを参考に独自開発した各種強化パーツを装備することが前提となっているため、未だに第一線で運用されている。しかし、素の状態だとザクIIIに近い性能であり、リーベン・ヴォルフドムIIIなどに対して苦戦を強いられている。

登場作品と搭乗者[編集]

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
第2話でレジオン軍の検閲部隊の主力機として通常型が登場。火星に帰ってきたチェスター艦隊に対して武装解除するよう求めるが、艦隊からの攻撃を受け反撃する暇もなく壊滅する。

武装・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
各種強化パーツを装着可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
Eパック方式のライフル。ガンダムTR-1[ヘイズル]と同型のもの。
ザクマシンガン改
実弾系のライフル。設定画では軽装型の装備として描かれているが、作中では通常型も装備している。
トライブレード
通常型のバックパックに2基装備された斬撃兵器。
シールド
ハイザックから引き継いだ固定式のシールド。右肩に装備している。予備のEパックを表に取り付けることができる。
オプション・シールド
ハイザックから引き継いだ携行型のシールド。十字マークが撤去されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ハイザック
原型機。
グランザック
グランユニットを装着した形態。
ローザック
老朽化した機体を作業用に改修した機体。
ザクIII (ジオンマーズ仕様)
敵対組織であるジオンマーズの主力機。
マラサイ
軽装型のバックパックの持ち主。また本機もティターンズから鹵獲し、運用している。


資料リンク [編集]

リンク[編集]