フィリップ・ヒューズ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィリップ・ヒューズ(Philip Hughs)[編集]

地球連邦軍MSパイロット。MSの戦闘データを集めるために設立された、通称「モルモット隊」のメンバーの一人で少尉。陽気で饒舌であり、同僚のサマナ・フュリスや通信兵のモーリン・キタムラをからかう事が多かった。
EXAM計画を巡る一連の騒動に巻き込まれてしまう。漫画版では整備員のジル・ジグラと恋人関係にあるが、実はジオンのスパイであるジルからは情報収集の為に利用されているにすぎない。

腕は確かで、おそらく連邦軍内では上位に位置すると思われる(原作ゲーム中では完全にお荷物だが)。序盤~中盤はジム・コマンド、後半の一ステージでは雪原仕様のザク、最終戦ではボールで出撃するはめになる。

一年戦争終結後もしばらくは軍に残ったが、グリプス戦役時に負傷退役。その後パン屋を営んだといわれている。しかしユウ曰く「申し訳ないが、不味かった」との事。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム外伝
連邦軍の一MSパイロットとして活躍していたが、EXAM計画に巻き込まれてしまった。

人間関係[編集]

ユウ・カジマ
同僚。その腕の良さを「ただのエースじゃねぇ、トップクラスよ!」と高く評価していた。新型機を駆る彼の救援(つまりプレイヤーの援護)がないとぼやくことがある(『蒼を受け継ぐ者』4ステージ:ジオン掃討作戦)。
サマナ・フュリス
同僚。実力で劣る彼のことを「サマナちゃん」と呼んでいた。セリフを発しない主人公に代わり、状況説明を兼ねた掛け合いを彼とすることも。
モーリン・キタムラ
隊のオペレータ。彼女をからかうのもまたフィリップの趣味だったようだ。
パク
原作未登場。漫画版では上司、小説版では補充要員として配属される。
ロゴージン
原作未登場。小説版で無能な上司として登場。よく毒づいていた。
アルフ・カムラ
ユウ・カジマの愛機ブルーディスティニー1号機及びブルーディスティニー3号機の専属メカニック。フィリップは彼をあまり信用していなかったようだ。
ジル・ジグラ
原作未登場。KADOKAWA漫画版で恋人関係にある整備員だが、実はジオンのスパイでありフィリップ相手にハニートラップを仕掛けている。
ニムバス・シュターゼン
EXAMシステムを巡る一連の事件で、ユウたちモルモット隊と何度も交戦することになる。

名台詞[編集]

「はいよ…お仕事、お仕事!」
『戦慄のブルー』ステージ3:荒野の死闘 にて。
「はいはい、モーリンちゃんの頼みじゃしょうがねえ!行くぞ!」
『戦慄のブルー』ステージ5:エースパイロット にて。
「ただのエースじゃねえ、トップクラスよ!」
『戦慄のブルー』ステージ5:エースパイロット にて。ユウを評する言葉。

搭乗機体・関連機体[編集]

ジム・コマンド

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]