バルギル

提供: ガンダムWiki
2020年9月18日 (金) 23:21時点におけるJMGM (トーク | 投稿記録)による版 (→‎リンク)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
バルギル
外国語表記 Varguil
登場作品 機動戦士ムーンガンダム
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 AMS-123X
全高 20.9m
21.7m (ガンダム・ヘッド搭載型)
全備重量 57.6t
51.8t (ガンダム・ヘッド搭載型)
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,240kW
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン軍残党
母艦 アタラント3
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン再蜂起に向けて開発されたニュータイプ専用試作型モビルスーツの1機。次世代のサイコミュシステムの実験機として開発されていた。

機体は軽量化を目的に設計されており、全身に推進器を内蔵した機体となっている。そのため、他の実験機と比較して機動性や運用性に優れた機体となり、プロペラントタンクにより稼働時間も延長されている。しかし、同時期に開発されていたサイコフレーム採用機であるヤクト・ドーガと比較すると機体出力は劣らないものの、サイコミュの性能は大きな差を開けられてしまっている。本機のサイコミュは前時代的内容から抜けられておらず、安定性を欠いた失敗作とされている。

武装は専用ビーム・ライフルやビーム・トマホークの他に、サイコミュ兵装としてファンネルとバタフライ・エッジを装備している。本機のファンネル・ラックは調整することでヤクト・ドーガやサザビー等に装備されている次世代ファンネルの装備も可能としている。

アタラント3に積み込まれる前に次世代サイコミュは回収され、従来のサイコミュとファンネルに戻されている。また、実験機故かパーツが少ないようで、破損した箇所がそのままの状態で運用されていた。

ロンド・ベルとの戦闘で中破した際にムーン・ムーンで入手したG-ドアーズの頭部を移植される形で応急修理されており、バルギルのサイコミュがオーバーライドされた結果、サイコプレートが使用可能になった。この状態はバルギル(ガンダム・ヘッド搭載型)と呼ばれ、バックパック右側のファンネル・ラックは修理されておらず、左側のファンネル・ラックは残っているがファンネルは装備されていない。また、応急修理であるため機体カラーも元の機体のままであった。メドゥッサとの戦闘後はムーン・ムーン戦士隊の監視下に置かれたが、その後戦士隊とアタラント3の合同によるミネバ・ラオ・ザビ奪還作戦が決行された際、機体カラーの変更等が加えられ以降はムーンガンダムと呼ばれるようになった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ムーンガンダム
第2話から登場。パイロットはアゴス・ラガートアタラント3を追撃するロンド・ベルと交戦し中破。その後ガンダムヘッド搭載型に改修され、メドゥッサとの戦闘時にユッタ・カーシムが搭乗し、この際にサイコミュがオーバーライドされた。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
本機専用のビーム・ライフル。サザビーのビーム・ショット・ライフルの試作品の1つであり、拡散射撃が可能。
グレネード・ランチャー
銃身下部に装備されている。銃身のグリップをプルバックした後、トリガーを引く事で発射が可能。
ロング・ライフル
ビーム・ライフルより高出力のライフル。『逆襲のシャア』公開時にイメージイラストとして描かれていたサザビーが手に持っていた武器と同じもの。
ビーム・トマホーク
バックパックに1基装備されている接近戦用のビーム兵器。刺突も可能なビーム・サーベル、斬撃用のビーム・ホーク、対艦用のビーム・ソード・トマホークとして使用可能。
バタフライ・エッジ
両腕部に1基ずつ搭載されているビーム式トライ・ブレードの一種。収容状態でもビーム刃を発振する事が可能。簡易的なサイコミュが搭載されており、ごく短時間であれば遠隔ブーメランとして機能する他、オールレンジ兵器としての運用も検討されている。
ファンネル
バックパックのファンネル・ラックに6基装備されているサイコミュ兵装。形状はキュベレイが使用していたタイプに似ているが大型化しており、稼働時間が増加している。サイコミュが不安定な為か、アゴス搭乗時は稼働しないことが多かった。そのため劇中ではファンネル・ラックを切り離し、それを狙撃する事で攻撃している。
なお、ヤクト・ドーガやサザビーが装備している形のファンネルも調整することで装備可能であるとされる。

ガンダム・ヘッド搭載型[編集]

60mmバルカン砲
ガンダム・ヘッドに2門内蔵されている。連邦系MSの標準武装。
サイコプレート
ガンダム・ヘッド搭載後に使用可能となったサイコミュ兵器。サイコフレームを利用した遠隔操作兵器の一種であり、元々はG-ドアーズの武装。メガ粒子砲等の内蔵火器は廃されているが、代わりにシールド並の堅固さを得た為、アイデア次第で様々な運用が可能。ユッタはこれを盾代わりに使う、連結させて投げ槍のように投擲するといった使い方を見せた。
ムーン・ムーンに流れ着いた8基を背部に装備しているが、ガンダムヘッドを乗せただけの状態ではサイコプレートを懸架する機構が存在しない為、ムーンガンダムに改修する際にマウントアームが追加された。

対決・名場面[編集]

シータプラス
ファンネルラックを犠牲にした攻撃を敢行、一旦怯ませることに成功する。しかしすぐに体勢を直され母艦であるアタラント3にハイパー・メガ・カノンの直撃を許し、本機も頭部を破壊されてしまう。

関連機体[編集]

ムーンガンダム
中破した本機にティターンズG-ドアーズの頭部を移植し、トリコロールカラーに塗り直した機体。
ギラ・ドーガ サイコミュ試験タイプ
新生ネオ・ジオンが最初に開発したニュータイプ専用機。本機の物と似たビーム・ライフルを装備している。
ヤクト・ドーガ
同時期に開発されていたサイコミュ搭載機。
サザビー
総帥専用機。本機と機体形状や武装構成が似た物となっているため、本機のデータも開発に活かされていると思われる。

余談[編集]

  • 福井氏が形部氏に対して本機を子供が好きそうな名前にしたいから「聞いてきて」と言われ、ゲームをしている最中の息子に向かって候補に上がっている名前を読み上げた際、「バルギル」の名で反応したことで決まったと言うエピソードがある[1]

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 機動戦士ムーンガンダム』第3巻発売記念 虎哉考征&形部一平ダブルインタビューにて。