ガンバレルストライクガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンバレルストライクガンダム
外国語表記 Gunbarrel Strike Gundam
登場作品
デザイナー
  • 大河原邦男 (ストライク)
  • ビークラフト (ガンバレルストライカー)
  • テンプレートを表示
    スペック
    分類 試作型モビルスーツ
    型式番号 GAT-X105+AQM/E-X04
    全高 17.72m
    重量 76.67t
    主動力 バッテリー
    装甲材質 フェイズシフト装甲
    開発組織 地球連合軍 (SEED MSV)
    開発者 エリカ・シモンズ (友と君と戦場で。)
    主なパイロット ムウ・ラ・フラガ (予定)
    テンプレートを表示

    概要 [編集]

    地球連合軍の試作型モビルスーツストライクガンダムガンバレルストライカーパックを装備させた状態である。

    ガンバレルストライカーは元々ムウ・ラ・フラガの専用ストライカーパックとして開発された物で、ガンバレルによるオールレンジ攻撃を可能としている。ただし、使用には高い空間認識能力が要求される。

    地球軍にとって、これまでにストライクが挙げた戦果がコーディネイター少年によるものであるという事実は認めがたいものがあり、それを隠しナチュラルによるものとして喧伝すべく用意された。都合の良い事にストライクの母艦であるアークエンジェルにはグリマルディ戦線の英雄として名高いムウも乗艦していた為、プロパガンダには最適であった。なおムウはJOSH-Aでアークエンジェルから離艦した後にカリフォルニアの士官学校の教官となる予定であった事から、ガンバレルストライカーはあくまでも宣伝用であり実戦投入は想定されていなかった可能性がある(無論、実戦でも十分に通用する性能を有しているが)。

    ゲーム『友と君と戦場で。』では「ストライクにガンバレルが付いていれば」というムウの意見を耳にしたエリカ・シモンズによって開発されたという設定になっている。

    登場作品と操縦者[編集]

    機動戦士ガンダムSEED MSV
    ムウ・ラ・フラガに渡される予定だったが、彼がアークエンジェルと共に軍を脱走した上にストライクもJOSH-A到着前に撃破されてオーブ軍に回収されたため喧伝の計画は頓挫。その後ガンバレルストライカーはモーガン・シュバリエに渡され、搭乗機の105ダガー装備されている。
    機動戦士ガンダムSEED 友と君と戦場で。
    パイロットはムウ。現状で唯一本機が登場するゲームである。
    コロニー・メンデルでの戦闘から支援機として出撃可能だが、隠し機体である為に条件を満たしていないと出撃させられない。
    全ステージをクリアすると本機を操作できる追加ステージが出現するが、マルチロックを駆使して使用するエネルギーを節約しないとボスのプロヴィデンスガンダムとの戦闘の際にエネルギー切れになってしまう。
    月刊ガンダムエース
    2005年12月号収録の『GAME'S MsV』第37回で紹介された。JOSH-Aから持ち出された装備案のCGを基に解説を行うという形を取っている。
    METAL BUILD
    メカニックデザイナーの阿久津潤一氏により、ガンバレルストライカーが新規設定を加えた上でデザインを一新して立体化された。ストライクとの合体の際に機首を折り畳む従来の方式に加えて、METAL BUILDではさらにガンバレルストライカーをストライクが背負うように装着できるギミックが追加された。また、ガトリングに携行武器へと変形するオリジナルギミックが追加され、他にもオリジナル武装としてレールガンが追加されている。

    装備・機能[編集]

    特殊機能[編集]

    フェイズシフト装甲
    一定の電圧を持つ電流を流して相転移させる特殊装甲。その際、装甲には色がつく。物理的な衝撃を無効化でき、単独での大気圏突入も可能だが、高出力のビーム兵器の前には無力である。
    非展開時は「ディアクティブモード」と呼ばれ、色がグレーのみとなっている。
    分離
    ガンバレルストライカーを分離する。
    換装
    ストライカーパックを換装可能。

    武装・必殺攻撃[編集]

    ストライク本体側 [編集]

    75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
    頭部に2門内蔵されている。主に牽制や迎撃等に使用されるが、戦闘ヘリ程度ならこれだけでも十分破壊できる。
    コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
    両腰部に1本ずつ、計2本マウントしている。刀身部は超硬度金属で出来ており、内蔵された超振動モーターで高周波振動させる事で様々な物質を切り裂ける(パイロットの技量によってはPS装甲にも深刻なダメージを与えられるという)。モーター用のバッテリーも内蔵しているので、本体のエネルギー残量に関係なく使用可能。
    57mm高エネルギービームライフル
    本機の主兵装。とあるロビー団体の協力によって得たザフト軍側のビーム兵器の最新研究情報と最先端技術を持っていた民間企業の研究スタッフを徴用しており、ザフト軍が当時開発していた「M69 バルルス改 特化重粒子砲」よりも遥かに小型・軽量なビーム兵器として完成した。威力もザフト軍艦艇の装甲を一発で撃ち抜ける程に高いが、MS本体からエネルギー供給を受けるシステムである為、使いすぎると稼働限界が早まってしまう。
    対ビームシールド
    ビーム兵器対策として用意された実体式の盾で、デュエルの物と同型。複数の鋼材を複合して造られており、固有振動数を持つ鋼材同士に特殊な共振現象を発生させて表面に細かな振動を常時繰り返す事で受けたビームを屈折させる。また、表面は特殊な塗料でコーティングされており、拡散吸収してビームを無効化する。

    ガンバレルストライカー側 [編集]

    有線式ガンバレル
    ガンバレルストライカーに4基装備されている遠隔誘導兵器。空間認識能力の高い者のみが操作でき、機体から分離する事でオールレンジ攻撃を可能とする。光ケーブルを介してコントロールする為、断線されたガンバレルは操作が出来なくなってしまう。
    「GAU-758S レールガン」1門の他に「M70AMSAT ミサイル」を2発搭載しており、メビウス・ゼロのガンバレルと比較して1基あたりの火力が強化されている。しかし、どちらも実弾兵器なのでフェイズシフト装甲を採用した機体が相手だとダメージを与えられない。
    M58E4 ガトリング機関砲
    ガンバレルストライカーの機首部に1基装備。
    MSとの合体時に機首と共に後方に折り畳まれるが、この状態で発射できるかは不明。フィギュア「METAL BUILD ガンバレルストライカー」では可動ギミックの追加で機体前方を狙えるようになった他、取り外して携行武器として使用する事が可能になっている。
    レールガン
    フィギュア「METAL BUILD」で新規設定された武装。メビウス・ゼロのリニアガンを想起させる武装で、ガトリングと換装可能。また、展開機構によって長銃身の携行武器へと変形する。

    対決・名場面[編集]

    関連機体[編集]

    ストライクガンダム
    素体。
    エールストライクガンダム
    エールストライカーを装備した形態。
    ソードストライクガンダム
    ソードストライカーを装備した形態。
    ランチャーストライクガンダム
    ランチャーストライカーを装備した形態。
    パーフェクトストライクガンダム
    マルチプルアサルトストライカーを装備した形態。「ガンダムSEED HDリマスター」で登場。
    ストライクガンダムI.W.S.P.
    統合兵装ストライカーパックを装備した状態。
    ライトニングストライクガンダム
    ライトニングストライカーを装備した形態。
    ガンバレルダガー
    ガンバレルストライカーを装備した105ダガー。
    メビウス・ゼロ
    有線式ガンバレルを装備したMA。この機体を原型としてガンバレルストライカーが開発されたと思われる。

    商品情報[編集]

    ガンプラ[編集]

    【ストライク側】

    【ガンバレルストライカー側】

    フィギュア [編集]

    【ストライク側】

    【ガンバレルストライカー側】

    資料リンク[編集]

    リンク[編集]