ジェノアスOカスタム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェノアスOカスタム
外国語表記 Genoace O Custom
登場作品 機動戦士ガンダムAGE
デザイナー 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 オブライト・ローレイン専用モビルスーツ
型式番号 RGE-B893CO
全高 18.2m
本体重量 48.2t
原型機 ジェノアスII
改修 地球連邦軍
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 アビス隊
母艦 ディーヴァ
主なパイロット オブライト・ローレイン
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍が開発したモビルスーツジェノアスII」の改修機であり、オブライト・ローレインの専用機となっている。カラーリングはベース機と同様の青と白のツートン。名称の「O」はパイロットである「オブライト」の頭文字から取られている。

改修の際に最新の技術が取り入れられ頭部にはメインカメラの両脇にサブセンサーの増設、両肩とバックパックには推力を強化したスラスターの設置、ドッズライフルの装備など全体的な性能を向上させている。しかし単独での大気圏内飛行までは出来ず、空中戦を行う場合等はサブ・フライト・システムウェイボード」に乗る必要がある。

連邦が保有している最新技術が投入された事で以前よりも格段に性能が上がっており、オブライトの熟練された技量と相まって、その戦闘力はアデル以上とも言われている。それはジェノアスの持つ拡張性の高さ、設計的な余裕を証明する事になっている。

次世代機であるクランシェアデルマークIIの配備が進む中、あえてジェノアスに乗り続けているのは恐らく今はもういない愛する人が整備をしていた「形見」だからであろう。

砂漠での戦闘の際はクランシェと同様に砂漠仕様に装備を変更しているが、細かい差異は不明。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
パイロットはオブライト・ローレイン
ディーヴァの艦載機として配備され、同艦所属となったアビス隊の戦力の一つとして仲間のクランシェやガンダムと共にオリバーノーツを始めとする多くの戦場を駆け抜けた。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
引き続き、ディーヴァの艦載機として戦っている。
最後はラ・グラミス攻防戦でフラム・ナラフォーンファルシアと相討ちとなって大破し、直後にディグマゼノン砲を受けて消滅した。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ドッズライフル
本機の主兵装。クランシェが装備している物と同様にバレルが二枚板状になっているがクランシェの物よりも短く、やや形状の異なる独自デザインとなっている。『AGE』作中では本機のみ使用が確認できる。
ビームサーベル
接近戦用の武装。シールドの裏側に1本マウントされている。
ラ・グラミス攻防戦でシールドからクルクルと回転させながらグリップを取り出す様が印象的である。
シールド
防御用の実体盾。主に左腕に装着されている。

その他 [編集]

シグマシスライフル
ガンダムAGE-3 ノーマルの主兵装。小説版で使用するも動力炉の臨界突破を引き起こしてしまう。

対決・名場面[編集]

ギラーガ改フォーンファルシア
ラ・グラミス攻略作戦にて交戦。
破損したドッズライフルを放棄し、ビームサーベル一本でギラーガ改を撃破。更にフォーンファルシアにも接近戦を挑み、致命傷を負いながらも相手のコクピットにビームサーベルを突き立て、相討ちという形で撃墜した。
相手がビットを使ってこず、また機体が強化されていたとはいえ、既に型落ちもいいところであるジェノアスでヴェイガンの指揮官機を二機も撃墜したという事実は驚嘆に値する(補足すると、ギラーガガンダムレギルスが開発されるまではヴェイガン最上位のMSでもあった)。

関連機体[編集]

ジェノアスII (ディーヴァカラー)
ベース機。
クランシェ

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]