プロトタイプサイコガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロトタイプサイコガンダム
外国語表記 Prototype Psyco Gundam
登場作品 M-MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 MRX-007
頭頂高 19.3m
本体重量 77.4t
全備重量 110.9t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,700kW
スラスター総推力 81,100kg
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
センサー有効半径 11,300m
開発組織 ムラサメ研究所
所属 ティターンズ
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ムラサメ研究所ガンダムMk-IIをベースに開発したニュータイプ専用試作型モビルスーツ一年戦争後、ジオン軍から接収したサイコミュシステムを搭載し、「連邦とジオンの技術を結集した最強のガンダム」というコンセプトのもと開発された。機体制御や火器管制は全てサイコミュによって制御されるが、マニュアル操作への切り替えも可能。

ビーム兵器を搭載するジェネレーターを搭載する関係上、サイコミュは胴体部に収まりきらず、バックパックに搭載されている。しかし、バックパックそのものの大型化と重量増により、機動性は著しく低下してしまっている。

武装として胴体部にメガ粒子砲、腕部にビーム砲を装備。腕部ビーム砲はサイコミュによってオールレンジ攻撃が可能となっている。メガ粒子砲はジェネレーター直結式で威力は高かったが、サイコミュへの出力割り当てもあって出力不足により発射後10秒間のリチャージを要するなど、運用上の問題があった。

上記の通り機体の完成度は低く、サイコガンダムでは機体の大型化を余儀なくされた。

登場作品と操縦者[編集]

M-MSV
出典元。
モビルスーツコレクション・ノベルズ
Act.1「破滅の機体」で登場。当初はユウジ・シイナをテストパイロットとしていたが、シミュレーション段階でも手に余る機体であった。その後、上官が連れてきた強化人間であるサード・ムラサメがテストパイロットを勤めた。
5日後、ユウジはサードの搭乗するプロトタイプサイコガンダムとの模擬戦を命令される。無人機を含めたジムIIとユウジの搭乗するマラサイから成る中隊との模擬戦を行うが、その最中にサイコミュの暴走事故が発生。多大な犠牲を払いながらも、機体はパイロットごとユウジによって撃破された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

拡散メガ粒子砲
胸部に1門内蔵されているビーム砲。ジェネレーター出力が不足しているため、発射後は再チャージによって10秒間は出力不足に陥る欠点を有していた。
有線サイコミュ式腕部ビーム砲
両腕部に装備されているビーム砲。腕部を分離することでサイコミュの制御によるオールレンジ攻撃が可能になる。地上でも使用可能であるが、動きは直線的な物に限定される。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムMk-II
ベース機。
NT専用プロトタイプガンダム
サイコガンダム系列機の始祖と言える機体。
ザナドゥ
本機にn_i_t_r_oを搭載した機体。
プロトタイプサイコガンダム大型化試作機
プロトタイプガンダムの大型化を目指した試作機。可変機構を導入することになったためフレーム状態で廃棄された。
サイコガンダム試作8号機
サイコガンダムの8番目の試作機。この機体のデータにより、サイコガンダムが完成することとなった。
サイコガンダム
完成機。

商品情報[編集]

リンク[編集]