ヘビーガン重装攻撃型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘビーガン重装攻撃型
外国語表記 Heavy Gun Option Weapon Pack
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-109
頭頂高 15.8m
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,870kW
スラスター総推力 82,260kg
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ヘビーガンの武装強化型。「フル装備」「ハワードウェポンタイプ」とも呼ばれる。

連邦の15m級モビルスーツの武装強化案はGキャノンから始まり次にヘビーガンが選ばれている。このような武装強化案はクロスボーン・バンガードとの戦闘で、連邦軍首脳部から戦力不足という意見があったためと言われている。試作1号機はGキャノンから遅れて一ヶ月後に完成した。

ヘビーガンも元々戦闘用の機体として火力が低いという問題があったため、Gキャノン長距離支援仕様に続く中距離支援を目的とした火器を追加している。追加兵装は肩から腕部にかけて装着される物で、本機の汎用性を損なわないものとなっている他、これらの追加武装は炸薬によってパージが可能であるため、白兵戦への移行や撃ち殻のデッドウェイト化を回避出来た。

だが、ヘビーガンのジェネレーターは出力不足によりビーム兵器の同時使用数に制約が掛かっており、また兵装を限界まで装備した割にはGキャノン長距離支援仕様の様な推力強化処置は施されていない為、機動力の低下も懸念されていた。そのため実際の運用時には必要なオプションのみ追加する方法が行われており、フル装備状態で出撃する事は稀であったとされている。

なお、ヘビーガンと同規格となるハーディガンもこのオプション装備を換装する事が可能である。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

F91-MSV
出典元。
機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
小説版で306部隊の副長であるドーフマンが搭乗。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

分離
追加オプション兵装を分離可能。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ヘビーガン本体側[編集 | ソースを編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
ハンドグレネード
両腰に各4発装備。
ビーム・ライフル
通常のヘビーガンと同じビームライフル。
ビーム・サーベル
通常のヘビーガンと同じビームサーベル。

オプション装備側[編集 | ソースを編集]

9連装ミサイル・ポッド
右肩部にスラスターブロックと換装されて装着されている箱形ミサイルポッド。
4連ツインマシン・キャノン
左肩アーマーそのものを換装して搭載する二基の多砲身機関砲で1基毎に4門の砲身を有する。Gキャノン用の物を小型・軽量化した武装で、APFSDS弾を使用することで装甲に高い威力を発揮する。
グレネードランチャー
右前腕部に装備されている二連装グレネード発射機。
2連シールドガン
左前腕部に装備されているシールド機能を有する装甲を付けたレールガン。
ショート・ビーム・ランチャー
短砲身の携行式ビーム砲で、F90Aタイプのメガビームバズーカを短縮化した簡易量産型の派生武装。発射可能回数は少ないが高い威力を有する。非使用時にはリアアーマーにマウントされる。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

ヘビーガン
素体。
Gキャノン
一部兵装の基になる武装を持つ機体。
ハーディガン
互換性が有る為本オプション装備を使用可能。

リンク[編集 | ソースを編集]