量産型バウ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
量産型バウ
外国語表記 Bawoo
登場作品 機動戦士ガンダムΖΖ
デザイナー 出渕裕
テンプレートを表示
スペック
分類 攻撃用量産型可変モビルスーツ
型式番号 AMX-107
頭頂高 18.5m
全高 22.05m
本体重量 34.7t
全備重量 67.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,410kw
スラスター総推力 75,040kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 12,200m
開発組織 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
主なパイロット アリアス・モマ
ダナ・キライ、他
テンプレートを表示

概要 [編集 | ソースを編集]

ネオ・ジオン軍の量産型モビルスーツバウの量産仕様である。

バウは元々士官専用の可変機だったが、ムーバブルフレームの採用によってコピーしやすく、また堅牢で自由度も高い上に他に類を見ない戦術展開を可能とする特性を持った機体と言う点が上層部の目に留まった事で量産化に踏み切った。性能は試作機と同等だがカラーリングが変更され、左側のフロントスカートに書かれた「龍飛」の文字も消されている。

カラーリングはグリーンとグレーの2種が存在し、後者はグレミー・トトハマーン・カーンに対して叛乱を起こした際に自軍の機体を識別用に塗り替えたものである。

『ΖΖ』劇中では分離・変形を行うシーンが存在せず、地上では主にベースジャバーを使用していたが機体設定でその理由についての言及は特に無く、量産化する際にオミットしたという解釈と単にパイロット達が活用できなかっただけといった解釈が散見される。その為、各媒体でも変形の有無についての扱いにバラつきが見られる。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムΖΖ
第33話で初登場。主なパイロットはアリアス・モマダナ・キライ。どちらもグリーンの機体に乗っている。
サイコガンダムMk-IIの輸送任務中にアーガマと遭遇し、これを襲撃するも失敗して撤退。ダブリンでも攻撃をかけたがプルΖΖガンダムの攻撃でやはり撤退している。その後、プルがサンドラを攻撃してきた際に迎撃し、彼女の乗るガンダムMk-IIを戦闘不能に陥らせる。だが、そこに駆け付けたジュドーのΖΖガンダムによってダナ機が撃破された。
SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『NEO』や『WARS』など一部シリーズでは変形機能が実装されておらず、『NEO』の機体解説では概要の項にもあるように「一説によると、量産タイプは生産性向上のため分離機構を廃止していたともいう」「性能的には試作機と変わらないのだが、一般のパイロットの中には、この複雑な分離機能を活用できる者はほとんどいなかった」との記載がある。実際にその事を言及した資料が存在するのか、変形未実装に対する穴埋めのための独自設定かは不明。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

分離
バックパックを分離可能。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ビーム・ライフル
専用に開発された携行式のビーム砲。アサルト(突撃)型として造られており、狙撃モードと速射モードにセレクターが切り替えられるようになっている。
ビーム・サーベル
両前腕部の内側に1本ずつ、計2本格納されている。
グレネード・ランチャー
両前腕部の外側に内蔵された4連装の接近戦用榴弾砲。弾頭部にオプティカルシーカーを装備し、誘導が可能な為に中距離戦でも有効とされる。
ミサイル
背部左右のフレキシブル・ウイング・バインダーに3発ずつ、計6発をマウントしている。
シールド
実体式の盾。
バウ・アタッカー時には機体の下部に装着されており、その部位の空力特性を改善させるフェアリングユニットとして機能する。
メガ粒子砲
シールド中央部に3門、その両側面に1門ずつの計5門内蔵されている。砲門はある程度可動でき、中央部の3門はビームを収束して発射可能。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

バウ
試作機。
バウ (袖付き仕様)
バウの「袖付き」仕様。当初のコンセプト通り、複座式となっている。
リバウ
フル・フロンタル専用機として改造されたバウ。サイコフレームを搭載する事で当初のコンセプトを実現させている。
バウ GPBカラー
ガンプラビルダーズ』第1話に登場したピンク色のバウ。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]