G-セルフ (トリッキーパック装備型)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
G-セルフ (トリッキーパック装備型)
外国語表記 G-Self[Tricky Pack Equipment Type]
登場作品 ガンダム Gのレコンギスタ
デザイナー 安田朗
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 YG-111
主動力 フォトン・バッテリー
装甲材質 インビジブル・チタニウム
開発組織
所属組織 アメリア軍
所属部隊 海賊部隊
母艦 メガファウナ
主なパイロット ベルリ・ゼナム
テンプレートを表示

概要[編集]

メガファウナで運用されているモビルスーツG-セルフがトリッキーパックを装備した形態。機体カラーはピンク色に変化する。

トリッキーパックはアメリア軍が開発したG系統用の特殊戦用パックで、戦場においての効果的な撹乱攻撃を模索研究するために製作された。そのため非常に多機能な装備である。Iフィールドを搭載しているためビームに対して高い防御力を得ており、それを利用した目くらましも可能。機体のフォトン装甲からフォトン・エネルギーを放出することで敵機を短時間機能不全に陥らせたり、一時的にコントロールを奪うことが可能。また、ミノフスキーフライトを搭載しており、大気圏上層部まで上昇できる。

武装はG-セルフの基本装備と背部に装備されているイリュージョン・ファンネルで、ファンネルはそれぞれ大型4基と小型6基装備されている。運用テストも行われていないパックであるため、パックの上部パーツがビーム・ライフルの邪魔になる欠点を有する他、機体バランスも安定していない。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダム Gのレコンギスタ
第8話に登場。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

Iフィールド
ビームを無効化する装置。パック上部と大型イリュージョン・ファンネルに発生器が備わっている。
フラッシュ・アタック
フォトン装甲からフォトン・エネルギーを放出する攻撃。このエネルギーに当たった敵機は一時的に機能不全に陥る。また、機体のコントロールを奪うことも可能。
分離
コア・ファイターを分離可能。
換装
バックパックを換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている。速射式のレールガンであるらしく、牽制武装とは思えない威力を持つ。
ビーム・ライフル(アメリア製)
アメリア軍が製造した物。量産品で、汎用型として設計されている。トワサンガ製の物と比較して威力は劣っているが、構成するパーツの数が少ないので整備性が高い。
ビーム・サーベル
襟元に2基マウントしている接近戦用の武器。宇宙世紀時代と同じくメガ粒子を磁場で剣状に収束している。刀身は細身だが伸縮が可能で、切断力はかなり高い。マニピュレーターに持たせたままで高速回転させればビーム・シールドとしても機能する。
イリュージョン・ファンネル
背部に大型4基、小型6基装備されている武装。誘導ミサイルとして使用できる他、大型はハンマーに変形する機能、小型は遠隔操作時に敵機のモニターにG-セルフを誤認させる機能を有する。大型の方は機体装備時にスラスターとしても機能している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

G-セルフ
素体。
大気圏内用パック / 宇宙用パック / リフレクターパック / 高トルクパック / アサルトパック / パーフェクトパック
他のG-セルフが装着したパック。
G-アルケイン / G-ルシファー / ジャイオーン / ジャスティマ / ジロッド / カバカーリー / G-フェネクス
他のG系統の機体。

リンク[編集]