2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ギラ・ズール (エリク・ユーゴ機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギラ・ズール (エリク・ユーゴ機)
外国語表記 Geara Zuru [Eric Yugo Use]
登場作品 機動戦士ガンダムNT
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 AMS-129
全高 20.0m
本体重量 24.9t
全備重量 56.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,870kW
スラスター総推力 77,630kg
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
センサー有効半径 19,200m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 ジオン共和国
母艦 グルトップ
主なパイロット エリク・ユーゴ
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン共和国軍のモビルスーツエリク・ユーゴの専用機でパーソナルカラーであるダークブルーで塗装されている。

ギラ・ズール (親衛隊仕様)を改造した機体で、頭部には指揮官機を示すブレード・アンテナ[1]が装備されている。一部装甲形状も変更し、バックパックは重装型を改造した物に換装されており、プロペラントタンクやスタビライザー、ランゲ・ブルーノ砲がオミットされている。その代わり余剰スペースに武装を懸架することが可能。また、ジオン共和国所属の機体ではあるが偽装のために袖付きのエングレービングが施されており、胸部に施されたものは本機独自のデザインとなっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムNT
エリクの搭乗機として登場。終盤、エリクがゾルタンの手に掛かり死亡したため、作中の出撃は1回のみに留まっている。その後、母艦であるグルトップの撃沈に伴い、本機も損失したものと思われる。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・マシンガン・コンパクト
通常のギラ・ズールのマシンガンを短銃身化した武装。アンジェロ機が装備していたサブ・マシンガンと同コンセプトの装備である。
ビーム・ナギナタ
柄の両端からビーム刃を発振する武装。片側のみ発生させることも可能。形状はゲルググの武装に似ているが、ビーム刃は高出力化している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ギラ・ズールギラ・ズール (親衛隊仕様)
原型機。
ギラ・ドーガ重装型
本機はこの機体のバックパックの改良型を装備している。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ヤクト・ドーガ (ギュネイ機)に似た大小二本で構成されたタイプ