ハイザック[ヴァナルガンド]

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ハイザック[ヴァナルガンド]
外国語表記 Hi-Zack[Vanargand]
登場作品 ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者
デザイン 藤岡建機
テンプレートを表示
スペック
分類 強化人間専用試作モビルスーツ
型式番号 RX-106E
主動力 熱核融合炉
装甲材質
開発組織 オークランド研究所
所属 ティターンズ
母艦 ヘビィ・フォークニコシア
主なパイロット ロスヴァイセ
テンプレートを表示

概要[編集]

ハイザック試作型をベースに、オークランド研究所が開発したロスヴァイセ専用機。ザクシリーズの売りである汎用性を犠牲にしながらも加速度耐性を強めた強化人間専用機であり、TR計画などティターンズの独自技術によって徹底した改修が施された結果、ハイザックの面影を感じさせない機体として完成した。

バックパックをガンダムTR-1[ヘイズル]と同型の物に変更し、更に全身に渡って強化パーツが取り付けられているが、このような形式になったのは、ハイザックが0086年代に量産体制の整っている最新鋭機であり、また既存機体を転用する事で製造コストを抑え、強化パーツにコストを割り振っている為でもある。

特徴的な背部の増加スラスターはガンダムTR-1[ヘイズル2号機]のトライブースターと同系の物であり、機体に爆発的な推進力をもたらしている。また、機体各部に試作型イカロス・ユニットを装備する事で、短時間ではあるがモビルスーツ単独での飛行及び滞空が可能となる。

また、操縦のサポートの為に準サイコミュシステムも搭載されており、感応波の弱いロスヴァイセであっても、思考を用いた操縦が可能。この技術は後発のオークランド製MSにも用いられている。

登場作品と操縦者[編集]

ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者
ロスヴァイセの初期の乗機として登場。ヘビィ・フォーク級ニコシアの艦載機として地上を転戦。ニューギニア基地での戦闘の後、ロスヴァイセ達が宇宙へ上がる事が決定した為、地上用のヴァナルガンドはオークランド研究所へと戻された。
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
TR計画との関連相関図で登場。また、本作でベース機がハイザック試作型である事が明かされた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
試作型イカロス・ユニットを増設可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
ガンダムMk-IIと同じ物に、バレルとストックを延長する強化パーツを取り付けた長銃身型ビーム・ライフル。予備のEパックはシールド表面に計四基マウントされている。
ハイパー・バズーカ
ビーム・ライフルの下部にマウントされる。こちらもMk-II用の物を切り詰めて使用する。
シールド
ハイザック用のオプション・シールドに打突用の外縁を取り付けた物。この外縁はEパックをマウントするラッチも兼ねる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ハイザック試作型
ベース機。
ガンダムTR-1[ヘイズル]
バックパックが転用されており、機体各部の強化パーツにもヘイズルバリエーションの血統が見て取れる。


商品情報[編集]

リンク[編集]