ボリノーク・サマーン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボリノーク・サマーン
外国語表記 Bolinoak-Sammahn
登場作品 機動戦士Ζガンダム
デザイナー 岡本英郎
テンプレートを表示
スペック
分類 偵察用試作型モビルスーツ
型式番号 PMX-002
頭頂高 19.9m
本体重量 31.6t
全備重量 56.2t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,720kw
スラスター総推力 60,120kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 11,040m
開発拠点 ジュピトリス
開発者 パプテマス・シロッコ
所属 ティターンズ
母艦 ジュピトリス
主なパイロット サラ・ザビアロフ
テンプレートを表示

概要 [編集]

ジュピトリスパプテマス・シロッコが設計・開発した偵察用モビルスーツ。PMXシリーズでは3番目の機体となる。

頭部にレドーム、左腕にレーザーセンサーを搭載しており索敵能力に優れるが、格闘戦を得意とするなど、戦闘能力も決して低くない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Ζガンダム
第44話で初登場。パイロットはサラ・ザビアロフジ・Oパラス・アテネと共に運用されたが、第46話でカツ・コバヤシの乗るGディフェンサーの攻撃からシロッコを庇って撃墜された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

レドーム
頭頂部に内蔵。
レーザーセンサー
左腕部に内蔵。

武装・必殺攻撃[編集]

クローシールド
大型クローを有するシールド。右腕に装着して使用する。敵機を挟んで捕らえる事が可能。
ビーム・ガン
シールドに2基搭載。取り出す事でビーム・トマホーク及びビーム・サーベルとして使用可能。
ビーム・トマホーク / ビーム・サーベル
斧状の近接格闘用ビーム兵器。ビーム・トマホークのグリップ底部にビーム・ガン兼用ビーム・サーベルを有する独特の形状を持つ。『Ζ』作中では未使用。
炸裂弾ランチャー (グレネード・ランチャー)
両肩に3門ずつ計6門内蔵。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

メッサーラ
本機以前に開発されたPMXシリーズ1番目の機体。
パラス・アテネ / ジ・O
本機との連携運用を主とするPMXシリーズ。

余談 [編集]

  • 名前の元ネタは童話「森の熊さん」である。

商品情報[編集]

フィギュア [編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]