ボリノーク・サマーン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

PMX-002 ボリノーク・サマーン(Bolinoak-Sammahn)[編集]

ジュピトリスパプテマス・シロッコが設計・開発した偵察用モビルスーツ。索敵能力に優れるが、格闘戦を得意とするなど、戦闘能力も決して低くない。

ちなみに、名前の元ネタは「森の熊さん」。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Ζガンダム
パイロットはサラ・ザビアロフジ・Oパラス・アテネと共に運用されたが、カツ・コバヤシの乗るGディフェンサーの攻撃からシロッコを庇って撃墜された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビームトマホーク
シールド内に格納されている。ビーム砲としても使用可能。
グレネードランチャー
両肩に3門ずつ内蔵。
クロー
シールドに装備されている。敵機を挟んで捕らえる事が可能。
シールド
右腕に装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

メッサーラ
パラス・アテネ
ジ・O
タイタニア

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]