ゾゴック (残党軍機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MSM-08 ゾゴック(残党軍機) (Zogok[Zeon Remnant Ver.])[編集]

ジオン公国軍が開発した試作型モビルスーツ
ゾゴックの仕様変更機で、腹部のワイド・カッターをオミットした代わりに大型ダクトが設置されている。これによって排熱機能が強化された。
新たに携行武装も用意されている。

ちなみに、本機の登場シーンを見た福井晴敏氏からは「まゆ毛ロボ」と呼ばれている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC(アニメ版)
トリントン基地襲撃に参加しており、守備隊のジムIIを撃破している。
その後、バイアラン・カスタムと戦うが、全く歯が立たなかった。
機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う
トリントン戦後に残存していたカークス隊と共に撤退していた。
基地を奪取しようと攻撃してきた海賊達と戦った後、無事に脱出している。ちなみに、この時の本機は武装のほとんどが失われている状態であった。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ブーメラン・カッター
本機の代表的な武装で、胸部の左右に5基ずつ、計10基を装備。内蔵されたアームで敵機に向かって打ち出される仕組みであり、ガンダリウム合金製の装甲に対してもダメージを与えられる程の威力を持つ。
アーム・パンチ
両前腕部をそのまま打突武器としたもの。マニピュレーターは殴るのに最適な形状に設計されているが、通常のマニピュレーターのように武器を持つ事も可能。アーム・ユニットは伸縮自在であり、一部資料では20m以上伸びるとされる。
ヒート・ソード
グフ系の機体が装備していた実体剣。刀身部を赤熱化させる事で敵機を溶断する。
シュツルム・ファウスト
携行式の使い捨て大型ロケット弾で、弾頭部を射出して攻撃する。弾頭が大容量なので高威力ではあるが、優れたパイロットでなければ非常に当てにくいという短所がある。
腰部にマウントラッチを増設しており、2基まで装備できる。
ビーム・ライフル
ハイザックマラサイ等が使用していたタイプのビーム・ライフル。
海賊との戦闘時に使用しているが、アーム・パンチのマニピュレーターでは持つ事ができない為、右腕のみ通常タイプのマニピュレーターへと換装されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゾゴック
ベース機。
アッグ
ジュアッグ
アッグガイ
アッグシリーズのMS群。
ズゴック

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]