ヘビーガンダム (イングリッド0専用機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘビーガンダム (イングリッド0専用機)
外国語表記 Heavy Gundam Ver.Ingrid-0
登場作品 機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還
デザイナー Ark Performance
テンプレートを表示
スペック
分類 重戦用試作型モビルスーツ
型式番号 FA-78-2
全高 18.4m
主動力 熱核融合炉
装甲材質 不明(ガンダリウム合金?)
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
母艦 ブランリヴァル
主なパイロット イングリッド0
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍の試作型モビルスーツギャプランを失ったイングリッド0の新たな搭乗機としてゴップが用意させた機体で、ヘビーガンダム (2号機)をベースとしている。

最新技術や量産の目処が立っていない最新部材を使って改装されており、性能が向上している。またコアブロックシステムがオミットされている事で余剰スペースが存在している為、そこにバイオセンサーを搭載させて機体のレスポンス性能や反応速度を高めている。コクピットも全天周囲モニターリニアシートに換装されており、アームレイカー方式を採用している。カラーリングは紅に変更され、左肩部にはイングリッド0のパーソナルマークが描かれている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還
パイロットはイングリッド0
ジャコビアス・ノードゲルググを始めとするテミスMS部隊を一蹴し、レッド・ウェイラインとも互角以上に渡り合った。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

バイオセンサー
簡易型のサイコミュシステム。パイロットからの脳波を受信して操縦の補助や機体の追従性を向上させる。
本機に搭載されている物はイングリッド0の能力に合わせ、ジオン系の技術で改良が加えられている。そのためかパイロットが搭乗していない状態でもパイロットの方に顔を向けたりしている。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。元の機体にはなかった武装のため改装時に追加された武装と思われる。
フレーム・ランチャー
携行式の武器。6銃身のガトリング砲と4連装ミサイル・ランチャーを一体化させており、サイズがかなり大きい。使用時には前腕部にはめ込むようにして装着される。
ビーム・キャノン
背部右側に1門装備。ジェネレーターと直結させる事で高い出力を得ている。実弾砲と間違われる事も多い。
ビーム・サーベル
背部左側に1基マウントされている接近戦用の武器。外見上はRX-78が装備している物と同型だが、FSSジョニー・ライデン専用高機動型ゲルググギャン・エーオースも使用できているためアナハイム規格となっていると思われる。
シールド
主に左腕部に装着される実体盾。外側への折り畳みが可能となっている。表面の下部には連邦軍のマークが施されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ヘビーガンダム (2号機)
原型機。
ヘビーガンダム
1号機。

商品情報[編集]

リンク[編集]