「ゲーマルク」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
26行目: 26行目:
  
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
[[ネオ・ジオン]]軍の[[ニュータイプ]]専用重[[モビルスーツ]][[サイコガンダムMk-II]]から得られたデータを元に開発されており、第4世代MSの代表格と言える機体である。
+
[[ネオ・ジオン]]軍が[[サイコガンダムMk-II]]から得たデータを元に開発した[[ニュータイプ]]専用重[[モビルスーツ]]。高出力・高火力を突き詰め、全身にビーム砲を搭載した第4世代MSの代表格と言える機体である。
  
全身にビーム砲が内蔵されているのが特徴の機体で、大出力ジェネレーターによりこれらのビーム砲は連射可能となっている。ビーム砲は前面に集中しているが、砲門がある程度可動するため広範囲に攻撃が可能となっている。背部には本機独自の[[サイコミュシステム|サイコミュ]]兵装としてマザー・ファンネルが装備されている。これは[[ファンネル]]の行動半径と行動時間の拡大を目的とした物で、マザー・ファンネル内にチルド・ファンネルという小型ファンネルが搭載されている。マザー・ファンネルを中継してチルド・ファンネルを展開するため従来のファンネルを超える行動半径と行動時間を獲得しており、より遠距離からの攻撃も可能となった。これらのサイコミュ兵装を扱うために頭部には大型のアンテナが備わっている。サイコミュ技術の向上で[[キュベレイ]]を初めとした初期のニュータイプ専用機より扱い易くなったことで実現した機体であるが、マザー・ファンネルにより複雑化しているため[[強化人間]]にしか扱えない代物となっている。
+
全身に備わったビーム砲は機体に搭載された大出力ジェネレーターとメガ・コンデンサにより一斉射及び連射が可能。火器類は前面に集中しているが砲門はある程度可動するため、死角を持たない。
  
複数のビーム砲を内蔵したことで自重が増加しており、機動性に関してはかなり低くなっている。そのためコロニー内では他の機体に牽引される形で移動していた。近接戦闘もあまり得意とはしておらず、護衛機として近接戦闘に特化した[[ガズアル]]と[[ガズエル]]が随伴している。非常に高性能な機体ではあるが、その性能を発揮するためには頻繁な補給と整備が必要となり、運用コストも高くなっている。そのため本機の系譜はほとんど継承されず、後継機もほとんど存在していない。
+
背部には本機独自の[[サイコミュシステム|サイコミュ]]兵装として「マザー・ファンネル」と呼ばれる大型[[ファンネル]]が装備されており、内部には小型ファンネル「チルド・ファンネル」が内蔵されている。チルド・ファンネルはマザー・ファンネルを中継して展開され、従来のファンネルを超える行動半径と行動時間を獲得し、より遠距離からの攻撃を実現した。
 +
 
 +
これらのサイコミュ兵装を扱うために頭部には大型のアンテナを搭載。サイコミュ技術の向上で[[キュベレイ]]など初期のニュータイプ専用機よりは扱い易くなったとされている。しかし、マザー・ファンネルのシステムはコントロールが難しく、[[強化人間]]しか使用できないとされる。
 +
 
 +
複数のビーム砲を内蔵したことで自重が増加しており、機動性は著しく低い<ref>コロニー内では僚機に牽引される形で移動するケースが見られた。</ref>。近接戦闘もあまり得意とはしておらず、護衛機として近接戦闘に特化した[[ガズアル]]と[[ガズエル]]が随伴している。
 +
 
 +
非常に高性能な機体ではあるが、その性能を発揮するためには頻繁な補給と整備が必要となり、運用コストも高くなっている。そのため本機の系譜はほとんど継承されず、後継機もほとんど存在していない。
  
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
;[[機動戦士ガンダムΖΖ]]
 
;[[機動戦士ガンダムΖΖ]]
:第42話から登場。パイロットは[[キャラ・スーン]]。
+
:第42話から登場。パイロットは[[キャラ・スーン]]。[[グレミー・トト]]が反乱を起こした際には[[ハマーン・カーン|ハマーン]]側に留まり、[[マシュマー・セロ|マシュマー]]の[[ザクIII改]]と共にハマーン軍の戦力の中心として活躍した。グレミー軍鎮圧後は[[ジュドー・アーシタ|ジュドー]]とハマーンが最後の戦いに赴く中、両者に割って入ったグレミー軍残党の[[量産型キュベレイ]]部隊を食い止め、これを道連れに爆散した。
  
 
== 装備・機能 ==
 
== 装備・機能 ==
43行目: 49行目:
 
=== 武装・必殺攻撃 ===
 
=== 武装・必殺攻撃 ===
 
;[[ビーム・サーベル]]
 
;[[ビーム・サーベル]]
:両膝部分に計2基装備されている近接武装。グリップ部の形状がマニピュレーターが特殊なゲーマルクに合わせた専用の物となっている。出力0.85MW。
+
:両膝部分に計2基装備されている近接武装。特殊な形状のマニピュレータに併せ、グリップ部はリング状になっている。出力0.85MW。
 
;[[ビーム・ライフル]]
 
;[[ビーム・ライフル]]
:マニピュレーター親指部分に1門ずつ、計2門内蔵されているビーム砲。出力2.3MW。
+
:マニピュレーター親指部分に1門ずつ、計2門内蔵されているビーム砲。ライフルと表記されているが、携行武装ではない。出力2.3MW。
 
;3連装メガ粒子砲
 
;3連装メガ粒子砲
:マニピュレーター部に内蔵されているビーム砲。この装備のためにゲーマルクの手は、親指以外の4本がくっついた形状になっている。出力4.0MW。
+
:マニピュレーター部に内蔵されているビーム砲。[[ジオング]]や[[サイコガンダム]]とは異なりマニピュレータは指が束ねられたミトン状になっている。出力4.0MW。
 
;3連装グレネード・ランチャー
 
;3連装グレネード・ランチャー
 
:両前腕部に搭載されている武装。本機唯一の実弾兵装である。
 
:両前腕部に搭載されている武装。本機唯一の実弾兵装である。
53行目: 59行目:
 
:両肩部前面に計4門内蔵されているビーム砲。出力2.3MW。
 
:両肩部前面に計4門内蔵されているビーム砲。出力2.3MW。
 
;ハイパー・メガ粒子砲
 
;ハイパー・メガ粒子砲
:胸部に内蔵されている大出力メガ粒子砲。出力30.5MW。
+
:胸部に内蔵されている大出力メガ粒子砲。その威力は[[メガライダー]]のメガ・バズーカ・ランチャーに匹敵。出力30.5MW。
 
;2連装メガ粒子砲
 
;2連装メガ粒子砲
:ハイパー・メガ粒子砲左右に計4門内蔵されているビーム砲。出力4.5MW。
+
:ハイパー・メガ粒子砲の左右に計4門内蔵されているビーム砲。出力4.5MW。
 
;[[メガ粒子砲]]
 
;[[メガ粒子砲]]
 
:ハイパー・メガ粒子砲下部に内蔵されているビーム砲。出力6.2MW。
 
:ハイパー・メガ粒子砲下部に内蔵されているビーム砲。出力6.2MW。
 
;メガ・ビーム・カノン
 
;メガ・ビーム・カノン
:脚部前面に装備されている折り畳み式のビーム砲。出力3.8MW。
+
:脚部前面に装備されている折り畳み式のビーム砲。使用時には砲身が前方に展開される。出力3.8MW。
 
;マザー・ファンネル
 
;マザー・ファンネル
:背部に2基装備されている大型[[ファンネル]]。独立したジェネレーターを内蔵しており、通常のファンネルに比べ高出力である。出力5.5MW。
+
:背部に2基装備されている大型[[ファンネル]]。独立したジェネレーターを内蔵しており、通常のファンネルに比べ高出力。チルド・ファンネルの中継機として感応波を中継・増幅する役割も担う。出力5.5MW。
;チルド・ファンネル
+
:;チルド・ファンネル
:マザーファンネルの内部に14基ずつ格納されている小型ファンネル。マザー・ファンネルが中継となって展開される。既存のファンネルに比べて遠距離かつ広範囲のオールレンジ攻撃が可能。出力1.8MW。
+
::マザーファンネルの内部に14基ずつ格納されている小型ファンネル。マザー・ファンネルが中継機となって展開される。既存のファンネルに比べて遠距離かつ広範囲のオールレンジ攻撃が可能だが、システムが複雑な為、強化人間でなければ使用できない。出力1.8MW。
  
 
== 対決・名場面 ==
 
== 対決・名場面 ==
 
;対[[量産型キュベレイ]]
 
;対[[量産型キュベレイ]]
:ファンネルに集中攻撃されるがサイコバリヤーでそれを無効化し、最後の2機の内の1機と相打ちになる。
+
:『ガンダムΖΖ』最終話より。ΖΖガンダムとキュベレイの一騎打ちに割って入った量産型キュベレイ部隊を食い止めるべく奮闘。ファンネルに集中攻撃されるがサイコバリヤーでそれを無効化し、最後の2機の内の1機と相打ちになり爆散した。
  
 
== 関連機体 ==
 
== 関連機体 ==
75行目: 81行目:
 
:[[リーベン・ヴォルフ]]に[[強化人間]]に特化したオプションを装備した機体。本機の長所が取り入れられており、同型の武装も装備されている。
 
:[[リーベン・ヴォルフ]]に[[強化人間]]に特化したオプションを装備した機体。本機の長所が取り入れられており、同型の武装も装備されている。
 
;[[ドーベン・ウルフ]]
 
;[[ドーベン・ウルフ]]
:同時期に投入された機体。
+
:同時期に投入された第4世代機。
 
;[[ガズアル]] / [[ガズエル]]
 
;[[ガズアル]] / [[ガズエル]]
:本機の護衛機。
+
:本機の護衛機として運用された機体。本来はキュベレイの護衛機として開発された。
 
;[[サイコガンダムMk-II]]
 
;[[サイコガンダムMk-II]]
 
:本機の開発にはこの機体に使用されている技術が使われている。
 
:本機の開発にはこの機体に使用されている技術が使われている。
95行目: 101行目:
 
*[[登場メカ]]
 
*[[登場メカ]]
  
<!-- == 脚注 == -->
+
== 脚注 ==
<!-- <references /> -->
+
<references />
 
<!-- 本文には<ref>内容</ref>のかたちで挿入してください。 -->
 
<!-- 本文には<ref>内容</ref>のかたちで挿入してください。 -->
 
{{DEFAULTSORT:けえまるく}}
 
{{DEFAULTSORT:けえまるく}}
 
[[Category:登場メカか行]]
 
[[Category:登場メカか行]]
 
[[Category:機動戦士ガンダムΖΖ]]
 
[[Category:機動戦士ガンダムΖΖ]]

2020年5月22日 (金) 12:12時点における最新版

ゲーマルク
外国語表記 Geymalk
登場作品 機動戦士ガンダムΖΖ
デザイナー 小林誠
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 AMX-015
頭頂高 22.0m
全高 25.5m
本体重量 46.3t
全備重量 78.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 8,320kW
スラスター総推力 92,400kg
アポジモーター数 28
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 11,700m
開発組織 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン軍(ハマーン軍)
主なパイロット キャラ・スーン
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍がサイコガンダムMk-IIから得たデータを元に開発したニュータイプ専用重モビルスーツ。高出力・高火力を突き詰め、全身にビーム砲を搭載した第4世代MSの代表格と言える機体である。

全身に備わったビーム砲は機体に搭載された大出力ジェネレーターとメガ・コンデンサにより一斉射及び連射が可能。火器類は前面に集中しているが砲門はある程度可動するため、死角を持たない。

背部には本機独自のサイコミュ兵装として「マザー・ファンネル」と呼ばれる大型ファンネルが装備されており、内部には小型ファンネル「チルド・ファンネル」が内蔵されている。チルド・ファンネルはマザー・ファンネルを中継して展開され、従来のファンネルを超える行動半径と行動時間を獲得し、より遠距離からの攻撃を実現した。

これらのサイコミュ兵装を扱うために頭部には大型のアンテナを搭載。サイコミュ技術の向上でキュベレイなど初期のニュータイプ専用機よりは扱い易くなったとされている。しかし、マザー・ファンネルのシステムはコントロールが難しく、強化人間しか使用できないとされる。

複数のビーム砲を内蔵したことで自重が増加しており、機動性は著しく低い[1]。近接戦闘もあまり得意とはしておらず、護衛機として近接戦闘に特化したガズアルガズエルが随伴している。

非常に高性能な機体ではあるが、その性能を発揮するためには頻繁な補給と整備が必要となり、運用コストも高くなっている。そのため本機の系譜はほとんど継承されず、後継機もほとんど存在していない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ
第42話から登場。パイロットはキャラ・スーングレミー・トトが反乱を起こした際にはハマーン側に留まり、マシュマーザクIII改と共にハマーン軍の戦力の中心として活躍した。グレミー軍鎮圧後はジュドーとハマーンが最後の戦いに赴く中、両者に割って入ったグレミー軍残党の量産型キュベレイ部隊を食い止め、これを道連れに爆散した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サイコフィールド
サイコミュが起因している原因不明のエネルギーフィールド。パイロットやパイロットに関わった人物、機体の周囲にいる周囲の人物の意志に反応し、様々な挙動を見せる。本機の場合量産型キュベレイのファンネルによるオールレンジ攻撃を防いでいる。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・サーベル
両膝部分に計2基装備されている近接武装。特殊な形状のマニピュレータに併せ、グリップ部はリング状になっている。出力0.85MW。
ビーム・ライフル
マニピュレーター親指部分に1門ずつ、計2門内蔵されているビーム砲。ライフルと表記されているが、携行武装ではない。出力2.3MW。
3連装メガ粒子砲
マニピュレーター部に内蔵されているビーム砲。ジオングサイコガンダムとは異なりマニピュレータは指が束ねられたミトン状になっている。出力4.0MW。
3連装グレネード・ランチャー
両前腕部に搭載されている武装。本機唯一の実弾兵装である。
2連装ビーム・ランチャー
両肩部前面に計4門内蔵されているビーム砲。出力2.3MW。
ハイパー・メガ粒子砲
胸部に内蔵されている大出力メガ粒子砲。その威力はメガライダーのメガ・バズーカ・ランチャーに匹敵。出力30.5MW。
2連装メガ粒子砲
ハイパー・メガ粒子砲の左右に計4門内蔵されているビーム砲。出力4.5MW。
メガ粒子砲
ハイパー・メガ粒子砲下部に内蔵されているビーム砲。出力6.2MW。
メガ・ビーム・カノン
脚部前面に装備されている折り畳み式のビーム砲。使用時には砲身が前方に展開される。出力3.8MW。
マザー・ファンネル
背部に2基装備されている大型ファンネル。独立したジェネレーターを内蔵しており、通常のファンネルに比べ高出力。チルド・ファンネルの中継機として感応波を中継・増幅する役割も担う。出力5.5MW。
チルド・ファンネル
マザーファンネルの内部に14基ずつ格納されている小型ファンネル。マザー・ファンネルが中継機となって展開される。既存のファンネルに比べて遠距離かつ広範囲のオールレンジ攻撃が可能だが、システムが複雑な為、強化人間でなければ使用できない。出力1.8MW。

対決・名場面[編集]

量産型キュベレイ
『ガンダムΖΖ』最終話より。ΖΖガンダムとキュベレイの一騎打ちに割って入った量産型キュベレイ部隊を食い止めるべく奮闘。ファンネルに集中攻撃されるがサイコバリヤーでそれを無効化し、最後の2機の内の1機と相打ちになり爆散した。

関連機体[編集]

ダグ・ドール
発展型として開発された機体。
フェンリス・ヴォルフ
リーベン・ヴォルフ強化人間に特化したオプションを装備した機体。本機の長所が取り入れられており、同型の武装も装備されている。
ドーベン・ウルフ
同時期に投入された第4世代機。
ガズアル / ガズエル
本機の護衛機として運用された機体。本来はキュベレイの護衛機として開発された。
サイコガンダムMk-II
本機の開発にはこの機体に使用されている技術が使われている。
ガザレロ
母機のビットから子機のビットを射出するという点で技術的な繋がりがある。

商品情報[編集]

フィギュア[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. コロニー内では僚機に牽引される形で移動するケースが見られた。