2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

シルヴァ・バレト (ビスト財団機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シルヴァ・バレト (ビスト財団機)
外国語表記
  • SILVER BULLET
  • GAEL CHAN'S SILVER BULLET (HGUCなど)
登場作品 機動戦士ガンダムUC (アニメ版)
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 準サイコミュ試験用モビルスーツ
型式番号 ARX-014
頭頂高 22.2m
本体重量 33.5t
全備重量 70.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,250kw
スラスター総推力 87,300kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 13,500m
原型機 ドーベン・ウルフ
改修 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍ビスト財団
主なパイロット ガエル・チャン
テンプレートを表示

概要[編集]

ビスト財団の試作型モビルスーツ

シルヴァ・バレト (以下、UC-MSV版)のアニメ版カラーリングであり、元のUC-MSV版の機体カラーがライトグレーだったのに対して、こちらは青みの強いグレーとなり、アクセントカラーのグリーンやホワイトの塗り分けも一部変更されている。また、センサーの発光色もグリーンからイエローに変更された。アニメ画稿では、機体カラー以外にも頭部形状に若干の変更が加えられている。

UC-MSV版との性能差は不明だが、特に違いは無いと思われる。準サイコミュの技術研究用機体としてテストに使用された後、地球連邦軍から引き渡された。

なお、アニメで登場したのがガエル・チャンの搭乗機のみだったためか、立体化の際は「ガエル・チャン専用機」と表記されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC(OVA版)
パイロットはガエル・チャン
バナージユニコーンガンダムに乗り込む時間を稼ぐべく、メガラニカ内部でフロンタルネオ・ジオングと交戦するも、その圧倒的な力の差の前にはまるで歯が立たず大破。止めを刺されそうになったところをバナージがユニコーンを呼び寄せて立ちはだかった為、九死に一生を得た。
かつてのネオ・ジオン機を連邦系のデザインに改装した本機と、元は連邦風(しかもガンダムタイプに近い)だった機体をジオン風に改装したシナンジュを中核とするモビルアーマーが戦うというのは運命の悪戯と言うべきか。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている。地球連邦軍のMSの多くで標準装備されている武装。
ビーム・ライフル
ジェガンから流用した携行式のビーム砲で、模擬戦等で必要とされる場合に装備する。短銃身型のために射程は短めだが取り回しがよく、速射性も高い。混戦時には搭載されているセンサーを併用する事で確実に敵機に命中させられるようになっている。
劇中では装備されなかった。
ビーム・サーベル
両腰部に1本ずつ、計2本マウントしている。ドーベン・ウルフからの流用品。
有線式ビーム・ハンド
前腕部は分離する事で武装として使用可能。掌底部にはビーム砲が各1門内蔵され、捕らえた敵機に零距離からビームを発射して破壊する。また高圧電流を流す事も出来る。有線式であり、コントロールは準サイコミュによって行われる。
分離中は携行武装が使用できないという短所がある。
劇中ではビーム・サーベルを持ったまま分離して攻撃を仕掛けていた。
シールド
防御用の実体盾。攻撃を弾いたり逸らしたりする為の構造や材質を採用している。
ジェガンと同じ物だが、上半分のみを流用している。元々装備される予定は無かったが、改修を担当したチームが「高精度のテストを行えるよう携行武装を充実させたい」と要望した為に用意される事となった。
劇中では装備されなかった。
2連装ミサイル・ランチャー
シールドに2基装備。
ビーム・ランチャー
シールドに1門装備されたビーム砲で、下半分を形成している。ドーベン・ウルフのビーム・ライフルの銃身を切り詰めており、発射時には砲身が伸びて先端のパーツが展開するようになっている。これによって、ある程度だが遠距離からの狙撃も可能。
ビーム・キャノン
背部バインダーの先端部に1門ずつ、計2門内蔵されている。ジェネレーターと直結しており、前方に向けての発射も可能。
対艦用ミサイルAMS-09R型
背部に2基装着可能。
その名の通り、対艦用の大型実弾兵器。劇中では装備されなかった。
12連装ミサイルランチャー
背部バインダーに1基ずつ、計2基内蔵されている。弾種はドーベン・ウルフと同じく対MS用の「AMS-01H型」。
インコム
背部に2基搭載されている有線式の準サイコミュ兵器。コントロールワイヤーを延ばしながら敵機に向かって飛んでいき、ビームを発射して攻撃する。一定の長さまで到達した場合はインコム本体から「リレー・インコム」と呼ばれる中継器が射出され、距離を延長できるようになっている。ちなみに、このリレー・インコムには威嚇射撃を行う為のマイクロ・レーザーが各1門内蔵されている。
2次元的な軌道しか描けない為に簡易的ではあるものの、オールドタイプの一般兵でもオールレンジ攻撃を行う事が可能。
本機の物は改良されており、エネルギーチャージの時間が短縮され、装弾数も増えている。

対決・名場面[編集]

機動戦士ガンダムUC (アニメ版) [編集]

ネオ・ジオング
Episode 7および『RE:0096』第21話より。メガラニカに侵入してきたネオ・ジオングに対し、バナージがユニコーンに乗り込む時間を稼ぐべく、全兵装を以って挑むガエル。しかし、ネオ・ジオングにはその一切が通用せず、逆にその圧倒的な火力で乗機を大破させられてしまう。止めを刺そうとするネオ・ジオングに死を覚悟するガエルだったが、その時、バナージの絶叫がユニコーンを呼び寄せた!

関連機体[編集]

シルヴァ・バレト
デザイン元かつ同型機。ガンダム・ヘッドとジム・ヘッドの2種類が存在する。
シルヴァ・バレト (ファンネル試験型)
有線式ファンネルを装備したシルヴァ・バレト。
ドーベン・ウルフ
ベース機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

書籍 [編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]